【閉店】長者町の「エル エンカント」でコシード・マドレニョ

7丁目交差点近くの隠れ小路にあるスペインバル。

ミサイル超獣さん、オススメありがとね。

一応「イセブラ小路」という名前があるんだそうだ。

表からは全く見えないようなとこでさ、飲み屋の看板がいくつか出ているので、
お店があるのはわかるのだが、実際に奥まで入ってみたのははじめて。

小心者にはちょっとドキドキするロケーションだよ。

事前にランチ時間を確認して寄ってみたのだけど、
オープン時間はテキトーらしく、実際に開いたのはかなりたってからだったわ。

中は細長くて、背の高いテーブル席がいくつかの小さなお店。
なんとなくほっとしてしまうようなマッタリ空気が漂っていたな。

店内には猫とスペイン人ぽいオッサンが一人。

日本語はあんまり得意じゃないようで、
指差しとジェスチャーでやり取りしちゃう感じよ。

なかなかマニアックなので、他のランチ客もいなかっったのだけど、
素性の知れない爺さんやら異国人やらが出たり入ったりしてて面白かったぞ。

ランチメニューはほぼ固定されているみたい。
豆煮込み、チキンソテー、パスタって構成。

写真でおいしそうだった煮込みをいただきます!

まずはたっぷりのアイスティーと一緒に
レバーペーストを塗ったカナッペが出てきたよ。

コッテリしていてけっこうおいしいの。

特にお酒も頼まなかったのだけど、
ミニグラスに赤ワインもついで出してくれたわ。

うん、お茶よりもワインにあうあう!

オッサンが指さした写真にはコシード・マドレニョってあるのだけど、
料理的にはファダバのひよこ豆バージョンの方が近い感じ。

ひよこ豆と塩豚、腸詰、脂身なんかを煮た、
塩味ベースのシンプルなお料理。

スープというよりはホクホクした煮豆を食べるような感覚かな?
素朴ながら、食べ飽きない感じでけっこうおいしいの。

そして、実際にこのお料理を頼んだ方、
キャセロールのデカさにビビったことでしょう。

もうね、浴びるほど豆を食えますから!

鍋の脇に薄焼きしたバケットがついてて、
それほど多くない汁を浸しつつ食べていたら、
もっと食えとばかり、追加を焼いてきてくれた。

とりあえず、オッサンはやさしいです。
食べ物をくれる人、大好き!

この他、デザートにはピノとデミタスのコーヒーが付いて、
値段的には全く不満なし。

スペイン好きの人はきっと気にいると思うし、
お酒が飲める人は夜に寄ってみると、色々面白いかもしれないな。

私もまた寄ってみたいよ。