【閉店】長者町の「盛世美錦」で骨付き豚ロースの香り揚げ

かに道楽の裏手にある中華料理店。

目当てのお店がお休みで、
ろくな下調べもせず流れ着いたのさ。

お店はまだ新しく、清潔感があるよ。

でも、出迎えてくれたのが、和装のママだったのでビビったわ。
一体どこのクラブに迷い込んだかって思った。

奥では常連ぽいのが刺身パックを持ち込んで酒盛りしてたり、
イセザキナイトライフのカオスっぷりも十分反映しているみたい。

やっぱ、客筋もエロオヤジ&小姐が同伴組が多かったな。

お料理は四川料理をメインにひと通り揃った感じ。

街場のお店というより、中華街のそれに近いんだけど、
お値段はだいぶリーズナブルなのが良いよ。

別紙で福建料理もラインナップされていて、
むしろそれっぽいのはこっちかな?

お料理はちゃんと一つづつ出てくるし、
お茶や取り皿等の対応もしっかりしてたわ。

まず、見た目はおいしそうな前菜。

鳥脚、豚耳、牛モツの特製ソース和えって書いてあったんだけど、
実際はハチノス、豚耳、牛スネだったわ。

ごくごく薄切りで、食べくちはだいぶ蛋白。
甘辛なタレも弱めで、クセはないけど、食べごたえはイマイチかも。

焼き小龍包は見たとおりグッズグズ。

お店のお姉さんオススメの牡蠣のチヂミはモッチリ食感。

例の小粒カキがたっぷり入っていて、コク満点よ。

これはおいしかったな!
やはり攻めるなら福建系メニューかもしれん。

スペアリブの香り揚げもオススメっぽくPRされてたメニュー。

予め甘辛に煮込まれたお肉を、
ネギやらの香味と揚げて風味をつけた感じ。

骨離れもよく、思ってたよりも食べやすかったよ。


  

盛世特製チャーハンはいわゆる海鮮あんかけチャーハン

写真よりもだいぶ具が少ないけどな!

中のシンプルなチャーハンはパラパラ。
あんかけは甘めで、やや下品なチューン。

ネギそば。

ネギ和え部分はやはりだいぶ甘めの仕上がり。
スープ等もありがちな感じ。

海鮮焼きそばの見た目は良さそうだよね。

ただ、さっきとコックが変わったのか、
今度はほとんど塩味を感じられない仕上がりで実に惜しい。

いままで奥のテーブルで飲んでたもんな!新手のコックよ!

デザートは人数分サービスしてくれた。

この辺のお店って、意外とこういう優しいとこがあるんだよな。

仕上がりは総じて、C級だったんだけど、
これだけ頼んで会計はとても安く、その点はとても魅力的だったわ。

ホントは店頭にある大きなツボを使った、
スープなんかを目当てに来たんだけど、夜のメニューには見当たらなかったな?
入口の看板には書いてあったので、もしかしたら頼めたのかもしれない。

それが唯一心残りだわ。

レクタン大