福富町の「丿貫」で渡り蟹と浅蜊の特濃

福富町の怪しげな路地裏にある超人気のラーメン店。

断じて、いかがわしい用事の帰りではないのですが、この日、たまたま店頭を通りがかったら、丿貫の店頭に行列が無いじゃない! こんなこと! 一生に一度あるか無いかだぞ! ってことで、鼻息荒く中を覗いてみたらさ。

なんのことはねぇ、行列は交通の邪魔にならないよう、何軒か先の駐車場に作られてたのよ・・・ で、ですよね~ んでも、すでに胃袋の引っ込みはつかなくっており、私も長い行列の後ろにつくことになったのですよ。もう、ずいぶん食べてなかったからな。

渡り蟹と浅蜊の超特濃です。 秒で食いきったよ。

まぁ、みんなして行列するのも、よく分かるんだよね。旨いんだもん!!

まごうことなき、カニの風味とお味、貝のコク。スープというか、ソースのようなトロリ濃厚汁に、暴れるようなブリ細麺よ。ちょいしょっぱかったけど、やっぱ旨いよな、このお店のラーメンは! 

もし自分で作れのなら、こういうのを目指したいもん。

こちらは黒酢の和え玉。初心者の私は兄貴オススメのニンニク生姜抜きで頼みました。

なるほど、替え玉のお皿に、薄まる分のタレを足しとくアレが出発点か。いわゆる和えそばから油を抜いたようなシャープ。

この日はやっぱり塩が強めだったんだけど、そのままでもアリだし、コッテリな煮干しスープの中へ、さっぱり酢をまとった麺を投入すれば、異なる表情の二杯目になるだろうことは分かったよ。

ところで、私はラーメン業界の動向に詳しくないんだけどさ、こういう風におかわりの替え玉をアレンジして、それ単体でもイケるようにする工夫って、画期的だったんじゃないの?

こちらのお店は、ラーメンに関してもハーフ注文歓迎で、異なるお味を連食しやすいようになっているのよ。和え玉の工夫も含め、長くて寒~い行列を経て入店した後に、ただ一杯をすするだけで終わらない点、だってパーティ終わらない 、だってパーティ終わらない!感が、お店の訪問満足感をすごく高めているように思えるのです。いくぶんデブっぽい発想だけどな!

夜の残草蓬莱専門飲み店もすごく気が利いているし、単にラーメンが旨いというだけでなく、面白い提案で楽しませてくれる良店ですよ。やっぱ、他とは違うな。

列ばずに入れるようには・・・ならんだろうなぁ。

コメント

  1. しま より:

    たまたま福富町をぶらっとしたんですねわかります。
    弘明寺とハシゴはいかがでしょうか。

  2. 管理人 より:

    >しまさん
    弘明寺も列んでるんでしょ?

  3. しま より:

    二桁まで行かない程度の列でした。
    あの濃厚な魚介スープをなんのエグミも臭みもなく仕上げるのはどういう魔法なんでしょうかね。
    あのスープでおじやをと思うのは私だけではないはず。

  4. 管理人 より:

    >しまさん
    にぼしラーメンの原型はあったんでしょうが、一つの調理法を確立した感がありますよね。ときに貝や蟹などの素材も盛り込んで面白いです。