【閉店】伊勢佐木町の「新福菜館」で特大新福そば

2丁目に出来た京都のラーメン屋さん。

SIN.Nさんとこで開店情報を教わって、
楽しみに待っていたんだよ!

たまたまオープン日に通りがかったので、そりゃ見逃しませんとも!

店頭には例のヘラヘラ肉を削り取るカッターがドーン!

元はお好み焼だった店舗で、
外から中が見えづらい、ちょいアクセスしづらい構造。
換気もイマイチで、煙や匂いがこもった感じです。

壁に向かうカウンター席を中心に、
奥にはボックスのテーブル席もありました。

メニューは大きく変わらないんだけど、
焼き飯やらと合わせるセットメニューが設定されてるのが違いかな。

この日はプレオープンてことで、
そばメニューのみの提供でした。

気合を入れて、特大新福そばにしてみましたよ。
デフォにちょい足す程度で、全部入り+大盛りになるお得なメニューなんだよね。

こちらのスープは醤油入れ過ぎかよってくらい真っ黒で、
これを纏った麺も含め、煮締まり色が大好きな我々の心をつかむのですな。

でも食べてみると、しょっぱくはなくて、
鶏豚のダシをキレ良く食わせるように程よく出来てるんだよね。

関西らしい青ネギにもやし、
んでもって薄切りにされた豚がたっぷり乗って、
これがまたスープに合っておいしいの。

豚をチョイチョイつまんでも、
まだ残りが乗っかってる小さな幸せです。

生卵に関しては、ルックスグッドなんだけど、
スープの味を薄めるし、そこまで甘辛でもないから、どうかなって感じ。

まだ味や麺の調整もご勘弁期間とのことでしたが、
ベースも弱く、ちょいグダで、締りのない仕上がりだったような気がするので、
このままなら、麺硬味濃いめくらいで調度よい感じかな?

でも、それっぽいお味を近所で楽しむことができてよかったわ。