【閉店】伊勢佐木町の「鳳凰楼点心舗」で中国風クレープ

モールの5丁目にある中華店。

店頭に気になるメニューが貼ってあったので、また寄ってみたのよ。

点心スタンド的なお店になるのかと思ったんだけど、
ベタな定食メニューなんかも出来てて、
もはやそこらの中華店とあんま変わらなくなってきたな。

でも、どんなにお客がいなくても
昼夜店を開き続ける根性は立派といえます。
こういうハングリー精神でもって、界隈はアジアに席巻されちゃうのですよ。

メニューは本店流用かと思ってたら、ちょい違うみたいだね。
ことさら点心メニューが多いわけでもなく、
串焼きがあったり、ほの東北っぽい構成です。

お目当てのトマトラーメン。

写真はもっと旨そうだったのに!
ソースを混ぜるちょっとした手間をはぶくなや!

仕方なく自分で混ぜましたが、
ちゃんとそれっぽい赤色に覆われていきます。

ベースのスープはごく淡く、
しょっぱ目のトマトソースと合わせて、ちょいあっさり目に上がる具合。

海鮮とありますが、イカやあさりが申し訳に乗る程度で、
スープのお味にはほとんど影響していませんね。

むしろ具的には一緒に乗ってる塩水味の鶏肉の方が旨いです。

麺なんかもレギュラー品で、
和式麺がレベルアップ甚だしい中では、
やっぱチープに感じてしまうところ。

お料理的にはどうかなって感じです。

こちらはサイドに頼んだ中国風クレープ!

薄く伸ばした生地に卵塗って焼いたものに、
油塗って、甘味噌塗って、ネギを散らしたシンプルなもの。

ちょいピリ辛なんだね。
具はワンタンの皮のみという貧乏臭さなんだけど、
これが適度なコクを加え、食感のアクセントになり、非常に良い感じなの。

おすすめです!

前の油条もおいしかったけど、
やっぱ点心輔は伊達じゃないのかもね。

レクタン大