イセザキモールの「ザキ祭り」

伊勢佐木町商店街の4~7丁目で行われたお祭り。

すでに数回の実績があるらしいのですが、
徒歩圏に住んでるはずの私は完全にスルーしており、面目なし。

若手店主らが中心となって企画されたもので、
青空てづくり市に路上ライブ、食屋台の出店など、
バラエティに富んだ内容で楽しませてくれました。

一方で地域の人々には未だ浸透しておらず、
集客の面ではまだまだ寂しい状況だったのはもったいなかったなぁ!
次回はもっともっと賑わってほしいと思います。

私のお目当てはもちろん食べ物!

屋台の数は決して多いわけではなかったのですが、なかなかの粒選り。
商店街のお店以上に、野毛等の外部のお店の出店が目立ちましたね。

商店街の加盟店のみで囲わず、
各方面から魅力的なお店を引っ張ってきたのが、
イベントの印象を高めていると思います。

まずはなんといっても「タオズ」のバインミー!

井土ヶ谷のお店は曜日限定営業なので、
極旨のベトナムサンドイッチをこういう機会にゲットできるのはラッキーです!

この日のバインミーはローストチキンとトーフの2種類。
ちゃんとトースターで炙って、カリサクで渡してくれるのがイイね。

チキンも鉄板な旨さだけど、驚いたのはトーフの方。
ベジメニューって、デブはあんま心動かないんだけど、
薄切りの厚揚げをアジアンに煮込んだこいつはメッチャウマなのよ!

やっぱ「タオズ」は間違いないわ。

野毛「もも」というお店は椎茸焼きとポテサラ。

椎茸は釜利谷の永島農園のものを使っており、地産地消もの。
ちゃんと炭火で焼いて、ポツポツ水分が浮いてきたところを塩でいただきます!

いや、これもバッチリじゃないですか!

たっぷり添えられたポテサラには、いぶりがっこが入って珍しい味わい。
食感と風味が面白く、お味もおいしかったんだよ。

吉田町の「サカエ」は横浜野菜のBBQプレート。

野菜はほっこり甘くておいしかったんだけど、
タレや肉、ウィンナーのあたりをもうちょっと気張ってくれるとさらにリッチになるよね。

せっかくBBQしてるんだから、作り置きで冷々したものではなく、
多少待たされても焼きたてを食べたかったな。

「横浜ビール」の飲みごたえのあるピルスナーが旨い!

「はなたれ」の生ハムと。

「まるう商店」は地キャベツのホイル焼き。

ほどよく蒸された柔らかキャベツにワカメとしらすを乗せて、
チョロっと醤油をかけていただきます!

そして、ごめんなさい、実はこれ半分以上摘んだ後の写真なのよ。
実際は一人前4分の一玉くらいつかってたっぷりサイズ。
これだけ頼めば、ホkなおつまみいらないくらいのボリュームだったんだ。

さすがに食べきれず持ち帰ろうした時に、
撮影してなかったことにやっと気がついた次第です。

「ど根性ホルモン」の横浜ナポリタン。

カセットコンロの弱火で大量に作っていたせいか、
ナポリタンというより、付け合せのケチスパみたいな仕上がりが残念。

どこが”横浜”なのかはよくわからないのですが、
ぬっちりと絡まったケチャップそのものはは甘くて上品なお味で、
具に高菜を使っているのがちょっと珍しいですね。

三浦の農園の方も出店していて、瑞々しいお野菜を販売!

夕飯にいただきましたが、良いお野菜は包丁入れるときの感触が違うよね。
柔らかくて、お味も美味しかったです。

また、さらなる撮影忘れで恐縮ですが、
「出嶋屋本店」のあんかけうどんもおいしかった!

お祭りのうどんて、やっつけのもんがほとんどですが、
やっぱ本職の出店はひと味違うなって感想。

あんかけにすることで、うどんの状態を保ちやすく、
雨降前のちょい寒い気候とあいまって、最高でした。

この他、三崎のマグロを売ってたり、
それっぽいお菓子を売っていたり、諸々盛りだくさん!

これが今後定期開催されるとなると、非常に楽しみですね!

期待しちゃうわ!

レクタン大

コメント

  1. 南区のデブぅ より:

    やっぱり行けばよかった!!!この日はサンモールの方に行っちゃって行けませんでしたよ。
    イベントがどんどん巨大化していくなかで、こういう感じでやっているのがいいですよね。

  2. 管理人 より:

    >南区のデブぅさん
    イベントシーズンは悩ましいですね。
    どっちか選ばなきゃいけない場合、安牌を選んでしまう気持は良く分かります。
    次を楽しみにしましょう!