【閉店】伊勢佐木町の「熱血らーめん」で天理式担々麺

スポンサーリンク

5丁目にある京都ラーメン店。

おいしいラーメンを出すお店ですが、
周囲にもいろいろお店が出来てしまった関係で久々です。

その後、運営も安定してきているのか、
折々の限定ラーメンにもチャレンジしている様子。

どれもおいしそうで迷っちゃいますが、
特に気になったのが、天理式担々麺というメニューですよ!

そういえば、かの宗教都市にはご当地ラーメンがあるらしく、
「神座」とかの元になったという話も聞きますよね。

こちらのは現地の有名店をインスパイアしたものらしく、
さらに独自のアレンジが加わって、ちょっと異質なものになっているみたいですよ。

どことなくアジアを感じさせるルックスですな。

炒めた挽肉と白菜に彩りのチンゲン菜。

お味的には特別奇異な感じではなく、
コッテリなちょい辛味噌ラーメンという風合いです。
ただ、基礎がしっかり下支えしてるので、これがおいしいのよ。

面白いのはレモンと、自由にどうぞの揚げ玉トッピング。

こういうスープに酸味を加えてさっぱりさせるのもアリですが、
酢等ではなく、輪切りレモンにすることで、じわじわな味変を楽しめます。

そして揚げ玉か・・・どこぞで食べた天ぷらラーメン以来ですが、
おっかなびっくりふやかして食べてみると、さらなるコッテリ要素が加わって、これもアリなのです。

プリっとした麺もおいしいですね。
ただ、ツルンと滑って、油ハネするから要注意な!

やはり、こちらはなかなかよろしいお店なんだと思います。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました