【閉店】伊勢佐木町の「新福菜館」で冷やし中華そばセット

花見煎餅の裏手にある京都ラーメン店。

かつてのお好み焼屋を改装したこちらのお店。

大通りにはアピールしずらく、中もやや窮屈なため、どうなのかなぁと心配しておりました。
しかし、少なくとも夜の時間帯はお客も途切れず来ているようで、そこそこなのかな。

もちろん残業帰りや飲み帰りに立ち寄るリーマンの姿もありますが、奥まったボックス席にハマりこんだ国籍不明の夜の面々がご当地らしく、実に微笑ましいですよね。

まったく、イセザキモールを歩いている時のアウェー感たるや!!アジアすぎるぞ!


 
伊勢佐木店のオリジナルなのかな?
なんと冷やし中華がラインナップされていましたよ。

新福の冷やしということで、やはりタレは真っ黒に仕上げています。
黒酢をベースに、ちょい甘みを加えたバランスもそれっぽいかも。

つか、見えないし!
ラヲタのように麺上げすればよかったな。

お味は特別なもんではなく、あくまで冷やし中華の延長ではありますが、歯応えのある麺に具もちゃんと乗って、値段もお手頃なので、チュルンとさっぱり締めたい時には良いのかなと思います。
 

冷やし中華には半焼きめしのセットもあります。

お前はさっぱり締めたいんじゃなかったのか!というツッコミな。

でも、この焼きめしはイケますね。

やはりラーメンと同じく、真っ黒な見た目ほどしょっぱくはありません。
タレの風味とコクを加えたもので、しっとりしつつ、ふぁらふぁら解ける炒めが上々じゃん。

初回は避けたけど、やっぱ焼きめしも食いたくなるお店です。
 

ラーメンの印象はまぁあんま変わらんかな。

アリはアリなのですが、やはり、スープがちょいペラくて、醤油っぽいです。
もう一歩を期待してしまいます。

でも、見た目からしてキャッチーなので、ブランド力とあいまってそこそこ売れるのでしょうね。