伊勢佐木町の「戸隠」ですごもり

モールの1丁目にあるお蕎麦屋さん。

磯子や新横浜にも支店があるのか。

入るのはこれが初めてです。

結構前からあるお店なので、中はだいぶくたびれた感じもありますね。

ご覧のように間口は狭く、奥深い細長構造。
厨房は上階にあるらしく、お料理は昇降機で降りてきます。

さすがアジアに制圧された街だけあって、こんな日本蕎麦屋の中の会話も中国語や韓国語なのか。
店内に流れる春のうららの隅田川な大正琴と相まって、ハリウッド映画のインチキジャパン感がハンパねーね。

また、ホールのヲバちゃん達も負けずにかしましくおしゃべりしてて、店内の薄暗さを吹き飛ばす、全くしっとりしない環境であります。

メニューは蕎麦や丼の定番の他、煮魚などの和定食もあるみたいね。

ドーンとしたもんが到着しました!
もっとお上品かと思ってましたが、デブの1食を不足なく満たせるボリュームがありますね。

頼んだのは、名物のすごもり。
スゴ盛りでなく、巣篭もりの方であります。

素揚げした蕎麦に、具だくさん和風餡を掛け、まさに和製かた焼きそばといった一品。
箸の持ち方が悪いと手首や指をイカしそうなほど、ずっしり重いぞ。

お味のマッチングは言うことなしよ!
小麦と比べ、わずかに麺の歯切れが残りますが、揚げることで蕎麦の風味が増して香ばしくなってます。
餡は慣れ親しんだそばだし味がすっと入ってきて、なんかほっとするような感覚もありますし、我々は日本に生きてるんだなぁとしみじみしますね。

先々代の社長考案ということで、発祥店かなとも思いましたが、東京の方でも幾つかのお店でメニューに載ってるみたいでよく分からないな。まぁ、でも、めんどくさそうなメニューを良く守っていると思います。

ぶっちゃけ、次にここでもり蕎麦を食いたいかというと、どうかなぁという感じもありますが、すごもりは間違いなく面白いですね。

コメント

  1. 匿名 より:

    毎回、何様のつもりか、、
    批判ばかりのブログサイトで見ていて不快になります。

  2. 管理人 より:

    >匿名さん
    逆になんで読んでるの?
    頼んでないけど?

  3. BOMB より:

    横やりですが、、

    管理人さんはいつもとても良心的な評価をしていると思います。
    私は浜っ子なので管理人さんが星1の評価をするお店は私も元々知っています。

    営業努力の足りない店は当然それなりの評価なのは当たり前田のクラッカー

    個人のブログを批判する人の人間性を問います。
    それとも星1の評価されたお店の関係の人ですかね?

  4. ハマ人 より:

    まああんまり気にしなくていいでしょうね。腹立つのに毎回確認してるってのはなんだかんだで、ここが気になる一種のfanなんでしょう笑

    食○ログの、数だけ無駄に多かったり、ビジネス狙いのにわか評論家より、断然参考になるブログですよ。南区近辺は地元だからレビューとか厳しく見てしまうけど、他と比べても恰幅殿は納得する所が多いかな。

  5. 管理人 より:

    >BOMBさん、ハマ人さん

    フォローありがとうございます。

    上から目線の批判を、上から目線で批判するという滑稽には気が付かんだろうなぁ。

    実際、お店の記事を書くのも、サイトにコメントを寄せるのも、
    経験を自分なりに評価して表明する同じ行為だと思います。

    誰に頼まれるわけでもないのですが、
    自らの生活や環境を意識下に整理するような作業で、
    ネットに限らず、皆が日常的にやってることなんじゃなかろうか?

    記事を不快に思う人もいるでしょうし、喜ぶ人もいるでしょう。

    極端な話、私は前者が圧倒的でも別に構わないのです。
    事実誤認は別にして、私の感想部分は唯一のものなので、他者の影響の余地は無いからです。

    日記に鍵をかけずに置いておくイメージかな。
    わざわざ、うちに読みに来ないかぎり、皆さんの目に触れることもありません。

    きっと、記事の質の上下や、良い悪いではなく、それが自分の感性と合うか合わないかという問題です。あえて臭い匂いをかぎたがる性癖もありますが、他にも人はたくさんいますので、自分に馴染むレビューやサイトを見つけることだと思いますよ。