伊勢佐木町の「熊三郎商店」でソフトクリーム

ピアゴの脇道にできた謎のソフトクリーム店。

匿名さんからのタレコミで開店を知りました。ありがとう!

dscf4193_r

韓国立ち飲み屋の近くということで、自動的に入れ墨や二郎もどきや、近づきがたいサウナなどと肩を並べる立地になりますよね。

そんな場所にソフトクリームとロイヤルミルクティのファンシー店ができるはず無ぇ!
合法的なきのこを食って、幻でも見たんじゃないかと疑ってしまいましたが、実在してて、びっくりしました。

ただ、2階の歯医者と看板を並べるという、ちびっ子やママさん避けも施されており、よりによって感が濃厚に漂うお店でもあります。

説明によると”伊豆で一日500個売れるお店の横浜上陸”らしいのよ。
具体的には伊東の「スイートハウスわかば」の姉妹店とのこと。
なんかちょっと期待できるかも?

扉を引くと、中はいきなりのレジでキツキツ。
イートインどころではなく、店舗としても急造りな感じがしますね。

メニューはほんとにソフトと紅茶、2種のテイクアウトのみ。
ただ、ソフトには抹茶やフルーツソースをかけたミニサンデーのバリエーションもありましたよ。

dscf4194_r

初回なので基本のソフトをコーンでいただきます。
メニューなり、姉妹店なりの写真を見ると、かつてのデイリークイーンを思わせるようなずんぐりぷっくりの良フォルム。

でも、オッサンが下手くそなのか、手渡された実物はショボ盛りで、そもそものサイズもだいぶ小さめですね。

お味はほんのり濃厚で時折ミルキーな風味も感じます。
ただ、ソフトって、お味の個性が強く感じられるメニューでもないため、高原なり、牧場なり、北海道なりのロケーションで彩る必要がありますよね。しかし、空気もよどんだ場末の伊勢佐木町で、そういうトキメキが生まれるのかどうか。

最近はコンビニやらのソフトも十分おいしいし、ここでの競合はマックになりますから、価格競争も大変です。

本家同様、カフェにするとか、せめて表通りにスタンド的な体裁で出せばと思いますが、この先どうでしょうか。

カスタムフィールド

コメント

  1. 匿名 より:

    食べましたけど店員のおじさんが素手で紙にも包まれてないコーンを持って作ってたので食べる気しませんでした。
    味が美味しくてもあれはだめです。

  2. 管理人 より:

    >匿名さん
    お店に集中した様子でもないし、なんかちょと心配ですね。