伊勢佐木町の「天ぷら 豊野」で天ざる(冷)

モールの4丁目にある大衆天ぷら店。

蒸し暑い日だったので、なんぞ、さっぱり食いたいなぁと。

移転後、お店はだいぶ落ち着いたようでありました。

綺麗さっぱり、とっつきやすくもなって、良かったなぁと思います。

この日のお昼過ぎもそこそこの客入り。
意外なことに商店街時代よりもテイクアウト需要が多いようで、オーダーが頻繁に入ってましたね。

さてさて、本来、豊野の思想に”さっぱり”という概念は存在し得ないものと思っておりましたが、メニューにおそばがあったので、気になっていたのですよ。

ドーン!

天ぷらの構成は、エビ1野菜4で天丼よりもエビ1減となっておりますが、巷のお蕎麦屋さんのそれと比べるとコスパ半端ないボリュームでありますな。もちろん揚げたての熱々でおいしいです。

そして、お気づきでしょうか?
蕎麦の量もまたパネェことを!!

細切りのお蕎麦はやはり巷のお店の2倍はあるんじゃなかろうかという盛りで、まさに豊野イズム!競合は「味奈登庵」なのかというインパクトでありました。

汁まで自家で作っているのかは分かりませんが、やや甘めで、どことなく天丼のタレを想起させる仕上がりです。

やはり豊野に”さっぱり”は無く、ただ、ガッツリとデブを満足させるのですね。

写真が引き気味なんで、実際のボリューム感は分かりづらいかもしれませんが、ぜひお店で対面して、私同様、「マジか・・・」という一言を漏らしちゃってください。

ちなみに天ざるという名前ですが、どうやら温冷指定できるようだったので、天ぷらそばにもななっちゃうみたい。そちらもルックス的には気になりますわな。

カスタムフィールド
オススメ: ★★★
レクタン大
レクタン大