伊勢佐木町の「タヴェルナバール オルソ」でラクレット

クロスロードの近くにあるイタリアン。

以前は謎めく中華喫茶だったとこだよね。

この場所で、カジュアルイタリアン。
続くのかなぁなどと訝しんでいたら、この春でめでたく3周年だそうです。

週末のお昼に立ち寄ったんだけど、女子どもが飲みながらワイワイやっていたり、思った以上の客入りでおみそれしました。

居抜きのお店は、やや雑多な生活感も漂っています。

厨房はオジサン一人で、けっこう大変そうだったわ。

ほんとは3周年記念ランチを目当てに入ったのよ。
でも、おっとり遅い時間に滑り込んだんだから、数量限定品なぞ、望むべくもないのです!

つーことで、通常のランチからオーダー。
ちなみに平日はハンバーグとパスタ、週末はワンプレートとパスタって内容みたいです。

共通の前菜はこんな感じ。
食事というか、つまみだな。

バジルとモッツァレラのトマトソース。

私、自宅では巨大丼に盛ってワシワシと食らってる関係で、外食のパスタが物足りなくて!!

一応パンもつけてくれますが、デブの蹄で3巻もしたら無くなってしまいそうでやや寂しいです。

また、忙しかったせいか、お味はやや塩分が強い仕上がり。

こちらはカキとほうれん草のグラタン。

グツグツの熱々。
牡蠣のエキスがちゃんと出ており、おいしいですね。

あと、ランチドリンクに自家製麦茶ってのがあって面白かったな。
強めの焙煎でコーヒーみたいな風味でイケました。

お店のキャッチフレーズは「ハイジのチーズが食べられるイタリアン」ということで、カウンターに伝熱チーズ溶かし機が設置されており、ラクレットのお料理が名物になっているみたいです。

これは厨房に余裕があれば、ランチでも対応してくれるみたい。

なんといっても、塊からドロリと削ぎ落とされる様よ!!
遠くアルプスからヤッホーィというやまびこが聞こえてきそうですね!!

なお、今回は温野菜にしましたが、きのこやパンに絡めることもできるようです。

これもやっぱりワインのつまみだな。