伊勢佐木町の「寅騰」で重慶小麺、氷糖銀耳蓮子羹

スポンサーリンク

イセザキモールにある鴨脖と四川麺のお店。

近頃は繁華街でも通し営業をする飲食店は少なくなりましたね。

街で小腹が減った際、大手チェーン以外に、こういうお店も選択できるのは、アジア潮流に飲み込まれてしまった我が地元の、数少ないメリットといえます。

開放的な作りで、比較的とっつきやすいお店ではあります。つっても、日本人はあまり寄り付かず、麺類のイートインを利用しているのは中国のお姐さん達が多い印象ですね。

店頭販売している、カモの首やら足やらよくわからんもんの辛煮は主にテイクアウト需要なのかな。時間は問わず、コンスタントにお客さんは来ているようですよ。

今回は看板にもなっている重慶小麺をいただきました。

これも汁なしオーダーができるようですが、ホールの姐が「ワタシはスープありの方スキよ」というので、それに倣いました。

柔らか煮の角切り牛がイケるお味だったり、揚げ大豆のトッピングも変わってて面白いです。お味はいわゆる牛肉麺をベースとして、さらに辛味や香りを強くした感じかな。日本人と見て、辛さは控えめにしてくれたようで、今回はピリ辛程度の仕上がりでした。つか、ちょっとダレてきてるのかもね。

系列の刀削麺や春雨のお店の方は窯焚き豚骨で飲みごたえあるスープですが、こちらのは特別な感じでもないので、麺と具が活きそうな汁無しが良かったかもしれません。麺は自家製らしく、しっとり優しい口当たりで好ましいです。

メニューに薬膳ぽいデザートがあったので、口直しに頼んでみだら、市販のパックがドーンと置かれて、のけぞったわ。

中身は白きくらげ、なつめ、クコ、蓮の実かな。

けっこうボリュームあるんだけど、例によって甘みは淡いので、健康的に食べ切れる感じです。お味というか、トロミとクニっとした食感を食べるデザートよ。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました