伊勢佐木町の「口福館」で台湾風肉丼

スポンサーリンク

モールの2丁目にある台湾料理店。

このあたりは有力な飲食チェーンが建ち並ぶエリア。なまなかな個人店では太刀打ちできないこの状況下において、大手に引けを取らない低価格でもって頑張っている中華店です。

昭和の時代に、我々の怠惰な食卓を支えてくれた近所のそば屋や中華屋、寿司屋等が、どんどん数を減らしているのだから、出前を頼みたい時は、どうしてもピザや宅配専門の広域店に頼らざるえないのであります。

でも、そういうのってすぐに飽きちゃうんだよね。普段外食している、あのお店が出前をしてくれればいいのになって、ずっと思っておりましたが「Uber Eats」や「fineDine」などの 新しい出前サービスは、対応店舗が想像以上に多くて、中にはこれはっ!というお店も見つかりますよ。

ただ、冷静になって吟味すると、高いんだよね。距離や量にもよるんだろうけど、おいしいお店に関しては、温くなった料理をモタモタ届けてもらうくらいなら、タクシーに乗って、できたてを食べに行った方がいいんじゃないかというのが私の結論なのです。

個人的には、むしろ価格のこなれた大手チェーン、ファストフード、丼なんかのお店が、どんどん対応してくれるうれしいんだよな。

冒頭にも書きましたが、価格の安いこのお店の出前は、うちでよく頼む「大阪王将」などの出前とも十分競合しうるものだと思いますよ。

看板の魯肉飯は、ほぼ脂という、だいぶデブみの強いルックスになっておりますが、お味的には全然アリですよ。安い!

サイドの、やっぱし安いからあげは、ほんのり赤い色付けです。ただ、いかにもカリッとしたメニュー写真とは違って、衣が厚いモッタリ仕上げなので、こっちはあんまりおいしくないです。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました