伊勢佐木町の「国壱麺」で新疆風 鶏煮込みそば

スポンサーリンク

モールの2丁目にある蘭州牛肉麺のお店。

最近、各地に増殖している手延べ麺のお店です。

開店のときに食べた限りでは、ことさらクオリティが高い印象ではなかったのですが、大手チェーンのように、清潔感があって、とっつきやすい店舗が支持されているのか、タイミングによっては大いに混雑している風景も見かけますよ。

でも、やはりお客さんはほぼ中国人みたいね。昨今、新中華街と言われつつある伊勢佐木町の大通りも、こういう本国人向けの商売でしっかり成り立つようになっているのがすごいなぁと思います。

唯一、やや強気な値段がネックかなとも思いましたが、利用者はそれほど気にしていないのかも。クーポンや割引サービスもあり、普段着のお店として定着しているようです。

また、当初は眠らない店として、長時間営業を突貫しておりました。これについては、ご当地の景気もそこまで良くはなかった様子。最近は昼前から夜中までと、ごくごく現実的な体制に移行した様子です。腰軽に柔軟に経営対応していくところは見習いです。

ドアのところに貼ってあった新商品を試してみました。

一人前もかなり大きなお皿で出てきて、インパクト大であります。さらに数人で取り分ける用のメニューも用意されているんだってさ。

新疆風の鶏煮込みそば。いわゆる大盘鸡の締めに麺を絡めたものが原型なのでしょう。

鶏とじゃがいものピリ辛醤油煮込みに絡める麺は好みの形状を選択可能。これは平打の細帯麺でお願いしました。

自慢の麺を生かした、こういう試みは両手で歓迎したいのよ。でも、お味に関しては、煮汁を無理矢理伸ばしたようなペラッペラにしょっぱいもので、料理本来の魅力は再現できてないかも。さらにキムチやしょっぱいスープでだめ押して、高血圧デブ殺すつもりかなって思っちゃう。

牛肉麺と同様にもう一歩の詰めや丁寧さがほしいかなと感じます。

その後、麻婆豆腐や羊串等、若干の追加メニューがあり。お弁当なんかも扱いだしたみたいなので、今度買ってみようかな。

コメント一覧

  1. うおおおおお…………お、おう
    大盤鶏が近場で頂けるとは、とテンション上がりつつ読んでましたがダメでしたか。
    羊串が出てるのは確認してましたが、そっちはどうなんでしょうね。

    しかしたったこの一軒だけで二丁目がすっかり香港の街中みたいな臭いが漂う地域になりましたね。

  2. >ミサイル超獣さん
    ローカライズしていく中で、悪い意味でのチェーンぽさが薄まればいいなと期待してます。
    「寅騰」がちょい押され気味なのが意外。

タイトルとURLをコピーしました