伊勢佐木町の「みのや本店」でおはぎ

スポンサーリンク

1丁目にある明治創業の老舗。

個人的には縁の薄いお店ですが、横浜中心部における和菓子の貴重な選択肢です。

イセザキモールの一等地にドカンとお店を構えておりますが、店頭は入れ替わり立ち替わりに賑わう風ではなく、しっとり静寂な印象よね。

名物の羊羹の他、折々のお菓子を手広く扱っております。伝統の品だけでなく、時折、新しき試みも見せる手堅きお店。店員さんの対応もごく丁寧なんだよね。

お彼岸に限らず、抹香臭ぇタイミングに食べたくなるのが、おはぎ! ご先祖様の供養のため、食べなくてはならないんだ的な口実で楽しみにしております。

こちらのお菓子はどれも比較的小ぶりにできており、若干の食べたりなさも感じますが、おはぎのお味は田舎風ではなく、いかにも上菓子屋さん風に整った仕上がり。

一口羊羹はあずき、ゆず、梅の3種類があり、拍子木に切ったものにグラニュー糖がジャリジャラまぶされている関係で、サイズ違いというよりは、全く別のお菓子になってます。

真ん中はほんわかな酒まんじゅう。若い時は想像だにしなかったのですが、最近、時折、ごくごくベタなお饅頭を身体が欲することがあります。利休饅頭の素朴な黒糖風味が染みまくりでさ。

んで、よく見ると”長寿”って焼印押されてやがる。じ、爺ぃじゃんか、私・・・

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました