【閉店】伊勢佐木町の「ネオジパング」でボンゴレビアンコ

イセザキモールにできた生パスタのお店。
「つぼ八」の新業態一号店なんだそうだよ。

玖珠さんとこで教えてもらって、こりゃウマそうだなぁ!と。

私はスパゲティが大好きだ。
狂おしいほど好きなのだ!

その割に、外食レポに出てくることが少ないのは
もっぱら自分で盛り盛りなのを作ってるからなのだ。

もはや、お店で出てくるようなチマチマしたもんでは満足できないの。

でも、このお店は生パスタを使いつつ、
ラーメン価格で、スパをがっつけるらしい。

箸でズバズバいける気さくさもイイじゃんか!

店内はファミレスっぽい雰囲気かな。
まず、サイズとニンニクの有無を選ぶわかりにくい食券制。

長いコの字型カウンターを中心に、テーブル席もあり。
座った感じは通常の丼ファストフード店よりも落ち着くような作り。

生とはいえそれなりの茹で時間がかかるもんね。

ただ、自分で水をつげない不便さが気になるな。

うん、見た目は悪くないよ。旨そう!

盛り自体は薄いんだけど、
元が大皿なので、ボリュームは合格といえるだろう。
値ごろ感は十分あると思う。

しかし、食った感じはそこそこ。

肝心のパスタに、茹で時間をショートしたような粉っぽさがあったんだよね。
生のネギや、みじん切りしたニンニクのザラつきも相まって、喉に引っかかるのだ。

このままではツルシコな乾麺パスタの方に分があると思う。

きっと提供時間との兼ね合いで、
麺はこれがギリギリの太さなんだろうけど、
生麺ならばフェトチーネやタリアテッレぐらいが面白いと思う。
その辺もバリエーションが出来ればいいよね。

あさりもたくさん使ってあって、
普通に作れば普通に旨いだろうに、
余計なエキスをダメ打ちしてあるのも好みじゃない。

二郎じゃないんだから、せめてニンニクくらいはしっかり火を入れて欲しい!

まぁ、丼やラーメンに抵抗がある女子客にはいいのかもしれんが、
そんな上品な輩が伊勢佐木町を這い回ってるとも思えんし。

あまりに期待をふくらませすぎたかな。

レクタン大