伊勢佐木町の「崎陽軒」でシウセージドック

モールの入り口にあるシウマイ店。

元々「文明堂」だった角地なんだけど、
すぐ近くに1丁目店もあるし、整理して良かったのかもね。

そして、やはりすぐ近くにいくつも売店がある「崎陽軒」が入ってきました。

ここでは定番のシウマイ商品だけでなく、
微妙なスナック類を販売しているのが珍しいところ。

実質、保温するだけの調理設備と、
身動き採れないくらいのちっこい立ち食いスペースも併設。

デブはもちろんお外で食べますよ!はみ出ちゃうから!

シウセージドックは、シウマイ味のソーセージを使ったホットドッグであります。

ドッグと言っても一風変わった形状で、
ナンのように広がった謎パンの上にソーセージを乗せ、
マスタードをお客が引くほどドブがけした一品。

とりあえず、美しくありません。
手はベットベトだぜ!

一応、包む前に辛子の有無を聞かれるのですが、
デフォでこんな状態のものを、抜いてしまうという選択肢が存在するのでしょうか?
お味の設計的に、大丈夫なんでしょうか?

さておき、肝心のお味ですが、
確かに我々の市民の魂に刻まれているシウマイ風味です。
地味にグリンピースを入れてみたり、マスタードもそういう演出なのでしょう。

ただ、これがすごい売れるという気はしません。全くしません!
モールをうろつく異国人や与太郎どもが、これをかじる姿が想像できないもん!

お遊びが通じるのも一部の好事市民だけでしょうし、
スタジアムとか、開港祭でチョロっと食えれば十分なのかと。

コメント

  1. ポットライフ より:

    はじめまして。横浜西区民にとっては、
    気になるメニューです。何故なら、古の横浜駅ホームの崎陽軒スタンドにて、シューマイドッグが売られていたのはご存知でしょうか?スタンドは健在ながらもシューマイドッグは既にありません。
    味覚的に記憶を呼び覚ますメニューのご紹介、時間を作って食べにいってきます。

  2. 南区のデヴぅ より:

    これ、そごうでやってた神奈川物産展の崎陽軒ブースで出てたんですよね。
    食べたかったんですけどしうまいカレーにいちゃって。やっぱり食べてみる?

  3. 管理人 より:

    >ポットライフさん
    マヂで?知らなかった!
    シウマイがそのまま入ったドッグ?
    それともこんなソーセージもどきだったの?

  4. 管理人 より:

    >南区のデヴぅさん
    特にオススメはしませんが、
    気になるようならば、食っておくに越したことはありませんよ!
    そして、うーーーんと唸ろう。

  5. ポットライフ より:

    ホットドッグの具がまんま崎陽軒のシューマイで4個入りでした。カラシは容赦なく辛かったのを覚えています。京急ホームにはなく、国鉄ホームの崎陽軒のみに存在した幻のシューマイドッグ、管理人様のご紹介で思い起こしてしまいました。

  6. 管理人 より:

    >ポットライフさん
    それはそれでウマそうだなぁ。
    むしろ、それを売ったほうが良かったのかもって思います。揚げ焼売にしたりして。
    そういえば伊勢佐木町の「ジョンジョン」にも焼売ドックってあったよね。