関内の「立ち食いそば 千花庵」で味噌カツ丼セット

モールの裏にできた立ち食いそば店。

本店は鎌倉ですが、どちらかというと、
粋なつまみで飲める野毛支店の話題を目にすることが多いかな。

まさかの立ち食いそば店!

蕎麦哲学の坂をどんどん登って行くのではなく、
むしろ大衆層に降りてきてくれる展開はなんか嬉しいですね。

もっとも、立ち食いとはいっても、カウンターには席が付き、
価格も「富士そば」などと対抗するものではありません。

抑え目の照明で、ジャズが流れてたり。
むしろ今風の街蕎麦店といった風ですね。

丼セットがあるのが好ましいです!

まずはセットのおそば。

デブなら2口3口でやっつけちゃうくらいのひかえめ盛りですが、
キュンとして、なかなかおいしいお蕎麦だと思います。

特にブシの香るつゆがおいしく、ちょっとリッチな気分になりますよ。

味噌カツ丼は出てきた時、ワァーーォと唸るルックス。
カツは表面は展開しきれず、下にもう一片隠れてるんだぜ!

もっとも、丼自体は茶碗を一回り大きくした程度で、
わざとはみ出る演出でもって、男子の心をつかむ作戦でしょう。

そして、ちょい食べづらいっす。
初手にカツを逃がす場所がないから。
キャベツもボロボロこぼれます。

また、味噌の味が強すぎて、かなりキツいバランスですな。
さらにいえば、カツは大半がボルボルするような衣で構成されていて、
残念ながら、丼としては見た目ほどの内容は伴ってません。

ぶっちゃけ、イマイチです。

汁代わりに蕎麦ダシがちょいと付いて、
最後はお茶漬けにっつーところも面白いのですが、
食べ時が分からない蕎麦の素揚げとかも含め、それっぽい体裁よりも、
まずは素直に主役の厚みを増していただきたいところです。

筋は良いので期待はできます。
今後の調整を待ちたいですね。

レクタン大