弥生町の「KOPE 花伝 CAFE」でカウコーヒー

横浜橋商店街の対面にできたカフェ。

パークサイドと言えば聞こえが良いんだけど・・・

目前には素性の知れぬオッサンたちの草将棋会場。
深夜を過ぎても眠る気配のない三国人たちが、ワラワラと集うポケモン猟場。
そして奴らが撒くルアーにセコく寄生して、鳩や虫を必死に集めていたデブが、この夏をすっかり浪費したことにハタと気づいてしまった場所なのであります。

カフェの気取りを見事にかき消すね!

さて、お店は奥様二人で運営しておりました。
メニューはハワイやコスタリカのコーヒーをメインに、甘いものや軽食がポツポツとコンパクトな内容です。

マンションの半地下だし、出来たばかりということもあって、まだちょっと硬い印象かな。空間を埋めつつ、もうちょっとあったかいアロハ~な雰囲気が出てくると、まったりできるかなと思います。

自慢のカウコーヒーはハワイにある知り合いの農園から生豆を取り寄せて、焙煎してもらっているみたい。ツンとしたカップに入って、お味もおいしいですね。

ふわとろオムレツという文字を無視できる卵好きがいるだろうか、いや、いない。

でも、残念。
パンに挟まっていたのは炒りたまごに近いものでありました。

実のところ”とろ”を担うのはチーズだったのですが、両面にたっぷりすぎるほど塗られた粒マスタードの酸味で、卵もチーズも存在感がかき消されていますね。ここらへんは、まだ家庭の匂いを感じます。

この場所にお茶処ができたのは結構嬉しくて、この先、だんだん熟れてくると良いのかなと思います。

甘いものも気になりますし、また寄ってみたいです。

カスタムフィールド