蓬莱町の「なまらうまいっしょ!」で特上国産本ロース豚丼

スポンサーリンク

ぶっこわしてる旧横浜幸銀信組の向かいにできた十勝豚丼専門店。

本店は本厚木の駅前にありますね。

豚丼ブーム。ありましたねぇ。

もう10年ぐらい前になりますか。首都圏にもバーっと店舗が広がっていった流れでもって、豚食文化の根付く本厚木に出店したのが、こちらの本店です。

その後、大部分のお店がもはや息をしていない状況だと思いますが、こちらは県央地域へじわじわと支店を増やして、今日まで生き残っているのが、まず立派なとこなのよ。

この度、晴れての横浜市街出店となりました。まぁ、系列の居酒屋が先に出てきているので、そんなに気張ったわけではないのかもしれません。

おやって思うのが、通し営業してるとこ。利用者的には大変助かるのですけど、伊勢佐木町の繁華街からは離れているし、市役所も移転しちゃったしで、午後の利用客は概ね見込めないんじゃないかなと心配しちゃいますよ。

メニューはごくシンプルで、バラかロースかの2系統を軸に、汁やトッピングをどう付けるかという内容です。

初回はロースにしてみました。

これは、まずくなりようのない、約束された勝利の丼よ。

丼はやや小ぶりなものを使って、いかにもお肉に覆われた感を演出しています。

ちなみにバラの方は白髪ネギの代わりに、口直しのキャベツが乗っている点が違いかな。いかにも豚丼らしいルックスを求める方、そして、野菜なんて豚に食わせとけっていう肉食原理主義者にはロースがオススメです。

タレはうな丼をイメージしてって由来をよく聞くわけですが、個人的には焼鳥のそれを思い出しますね。もっとも、中身はほとんど変わらんか。うなぎに馴染みが無いデブですって、貧乏告白してるだけか。

お肉は特上!国産!!本!!と三段突きするほどのプレミアムなのかは脇に置いておくとして、適度な厚みがあり、柔らかくて、脂も甘くて、おいしいと思います。

やっぱ甘辛のタレが我ら日本人の味覚に馴染みまくるし、網焼きされた焦げの部分が香ばしくてたまらんよなぁ~ 

その他、卓上のさんしょ味噌や漬けにんにくで雰囲気を変えることも可能です。

今回は並盛で様子見たんだけど、次回は大盛りでガッツリいきたいぜ!

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました