伊勢佐木長者町の「和香佐」で夜定食

駅前にある中華店。

中華街を擁する横浜の地は、さぞ中華の偏差値が高いだろうと思われている皆さん。

そんなことはありませんよ。

私の住んでいるような下町の底辺では、中華悠久の調理技術を船着き場に忘れてきちゃったような、ゲスと低価格で力押しする大衆中華店も多く、くたびれたオッサン達の吐くアルコールと化学反応を起こしながら存在感を放っております。

地元、阪東橋では「一番」
そして伊勢佐木長者町ではここ「和香佐」でしょうか。

つっても、私自身は接点がなくて、意識したのはどこぞの中華ダイニング風に改装して以降かな。
視界に入れつつも、入る気はさっぱり起きないというポジションで、まさに一番とそっくりです。

小綺麗な外観とは裏腹に、中は雑多で場末感が漂いますね。
厨房がオバちゃんというのも驚きましたが、夕飯時なのにワンオペっつーのも、またすごいよな。

まぁ思ったよりも、ワイワイしておらず、スローな飲食風景でありました。

メニューは中華麺飯、定食に各種おつまみ、韓国方面やカレーまで網羅しており、えらいことになっております。

店頭に大きく貼りだされた夜の定食は、日替わりのお料理に半麺、ライスという内容。
ボリュームの割に値段は安いと思いますよ。

挽肉ちょろりのラーメンは一口目で、麺類は無しだと即判断できる味わい。
大盛りライスも安店らしいイマイチな風味で、せっかくのおかわり自由を生かし切れない感じです。

しかし、そんなご飯すらワシワシ進めてしまうのが、ガッツリ濃い味に仕上がった豚なすしょうが焼きよ!
麺も飯も全てひっくるめて、まさに正しくうちの近所のテイストなので、涙が出ます。

お得な夕食には他に、も一つ、メインが2品になるセットもあるのですが、ツマミにするんじゃなければ、ダブルはまぁ受けきれんでしょうな。飲むにしてもどんぶり飯はいらんでしょうし。

麺もいらないので、好みの単品定食オーダーが最も賢明な選択かもしれませんね。
そもそも、賢明なら入らないかもしれんけど!

カスタムフィールド