伊勢佐木長者町の「中華蕎麦 時雨」で中華蕎麦

スポンサーリンク

文化体育館の近くにできたラーメン屋さん。

がんつさん、情報ありがとう!

どこにあるのかさっぱり分からないけど、ネットを通じてやたら名前は目に入ってくるお江戸の有名店。そんな「多賀野」で修行した方が独立して開いたお店なんだってさ。

近年はこのエリアのラーメン偏差値も馬鹿にできなくなってきたわな。

元々、蕎麦屋の入っていたテナントで店内はラーメン屋らしからぬ雰囲気です。

ビシっと綺麗な白木のカウンターなんか、むしろ天ぷら屋とか割烹みたいだし、BGMもジャズだったりして、シャラかしていますよ。

厨房には兄貴が二人。
調理もちゃっちゃかやっつけるんじゃなく、一杯々々を丁寧に仕上げてる感じがします。

噂によると雉だか、ホロホロ鳥だかを使ったメニューがあると聞いて、興味をそそられてたのよ。

でも、この日はラストに滑り込んだ関係で売り切れており、基本のラーメンをいただくことにしました。ちなみにメニューは醤油、塩、つけめんというラインナップ。

つるり口当たりの優しいストレート麺。

鶏と魚介のスープはきれいなお味で、そのまま飲むとじんわりするんだけど、麺を食わすとなると若干お湯っぽいというか、ちょい物足りなさがあるんだよね。

やっぱ私のような南区の底辺で育った原人に、無化調食は早いのかもしれないな。どっちかつーとタレ要素が強まるつけ麺の方がいいのかも。  

お肉は根菜を巻いた鶏と豚の二種類。
特に豚が香ばしく、肉らしい噛みごたえあって旨いです。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました