伊勢佐木長者町の「地球の中華そば」で地球の塩そば

長者町一丁目の交差点近くに出来たラーメン店。

掲示板で☆さんに開店を教えてもらったので、
早速、出かけてみたんだよ!

車通りは多いけど、人通りはまばらなこの場所。
上には誰が住んでるのか、よく分からんしな!

前は別のラーメン屋さんが入ってたとこなんだけど、
どんより淀んでカビ臭さかった店内が、
こざっぱりと今風にモデルチェンジ!

開店日は若干遅れたみたいだし、
特に宣伝してる風でもなかったんだけどね。

時間外れに滑りこんだら、ヲタ風のお客さんで満席に近く、
かの業界の濃厚なネットワークを改めて畏怖する次第です。

店主は「ちゃぶ屋」や「砦」出身とのこと。

ラーメンは塩、醤油、鶏白湯の3系統。
とりあえず、一番上に載ってる塩味にしたぜ。

小ぶりラッパ型丼にお上品に盛り付けられた様。

ええ、ええ、おいしいでしょうとも!

開店時点でギアはすでにトップスピードかよ。

初めはちょいおとなしいなと思って啜っただけど、
食べ進めるうちにほどよく馴染んできて、
そのままスープ飲み干し路線まっしぐら。

綺麗な後口じゃん。
でも、ススッと流れるだけでなく、
貝類の旨味がふわっと残る感じでイイ。

麺は自家製らしく、心地よい歯ごたえがあって好きだな。
お肉は鶏と豚の2種類入ってて、鶏の方が合ってるよ。

一応揚げネギやら、お茶漬けあられも入ってるけど、
更に求めるとしたら、香味の部分かも。

でも、十二分においしく、今後、行列店間違いなしの実力店だ。
こういうお店が出来て実に嬉しいよ。

そうそう、この日は開店ヘルプさんが入ってたんだけど、
しばらくは店主一人で回すみたいで、今んとこ昼のみ営業になってるよ。