伊勢佐木長者町の「中華蕎麦 時雨」でホロホロ南蛮きじつけ蕎麦

文体の近くにある無化調ラーメンのお店。

気になるメニューが残っていたので、再訪しました。

このタイミングは行列こそありませんが、
割烹を思わせる店内はなかなかの盛況じゃない!

ここらは繁華街からもはずれており、夜になるとシーンと静まり返るような場所です。

そこへ、こんなにお客さんが集まってくるのですから、やはりおいしいラーメンの訴求力はすごいなと感じますよ。

さて、今回はつけ麺です。
雉なのかホロホロ鳥なのか、よくわかりませんが、そういうちょっと変ったダシが使われてそうな名前ですね。

しかし、艶っとキレイに盛られた麺がいかにも旨そうだよな!

このツルッとした麺を、汁につけて食べると、まず感じるのが醤油っぽさ。
ボディについては、やはりもう一歩物足りなくも感じたのよ。 

でも、途中で気がついた。
蕎麦のようにちょいとつけて即すするのではなく、麺を泳がせて、一拍置いてから手繰ると、ちょうど良く汁をまとう感じになっておいしくいただけるんだわ。

汁にはたっぷりのネギが浮き、濃い味のメンマとチャーシュー片となんぞ噛みごたえの良いお肉。これがキジ?ホロホロ?よくわからん。

炙った豚も旨いな。

終盤、スープ割りで魚介のダシを入れてくれます。
これでまた様相が異なって、豊かな味わいになるのよ。 

私は中華蕎麦より、こっちのつけ麺のほうが気に入ったな。