【閉店】伊勢佐木長者町の「こころ」でぶっかけ、元気玉ご飯

千歳公園の斜向かいにできたうどん屋さん。
(その後、とんかつメインにリニューアル予定)

たまたま通りがかったんだけど、こういう時、
うどん一杯くらいならいかようにもなっちゃうデブの底力が輝くよね!

輝く代わりに、深刻な量の脂肪を抱えちゃうんだけどね!

さておき、自家製麺のお店なんだそうだ。

入ったのは週末の昼過ぎ。
新店景気なのか、こんな場所の割に、お客の入りは良さそうだったな。

店構えは綺麗で清潔なんだけど、
中の厨房はだいぶ使い込んだ風。

元々小僧寿しだったのを一部流用して使ってるみたいだわ。

まだまだ、レジにもなれないオバちゃん達と、
それをハラハラ見守る店長。

レジで注文して、できたら取りに行く簡易形式。
でも、立ち食いではなく、椅子やテーブルは用意されてるよ。

メニューはオーソドックスなものが中心。値は手頃。

さぬきスタイルのおうどんは比較的細打ち。

生醤油はなかったので、甘めのダシが掛かったぶっかけをいただいた。

一杯のボリュームも十分だし、
昨今のウドン事情を考えても最低水準はクリアしてると思う。

ただ、冷やしうどんには不可欠ななしょうがを、
レジ横のチョコンとした辛子入れにしか置いてないってのはセコいぞ!

ご飯はシンプルな炊き込み。
そこへ温泉卵を乗せたのが、元気玉ご飯だ。

まぁ、見た通りで可もなく、不可もなくかな。

向かいにあったうどん屋が無くなったらしいので、
気さく使いにはちょうどいいかも。