スポンサーリンク

若葉町の「醤和」で豚骨ラーメン

裏通りにあるラーメン店。

通しでやってるし、そこそこキャパもあるんだけど、いまいち流行ってる雰囲気は感じさせない謎多きお店。

でも、ラーメン店がやたら増えてきた昨今の伊勢佐木町エリアでは、お店が続いているということだけで十分立派と言えるでしょう。

”昭和”にひっかけたような店名のとおり、ノスタルジックな中華そばを売りにする系だったと思うんだけど、研究熱心な店主が色んなバージョンを作っていて、お店の味はこれだってのがいまいちつかめなかったんだよな。

しばらくぶりに入ったら、醤油の他に、塩や鶏白湯、はたまた水炊きセットまでラインナップされており、更に概要を掴みきれないお店となっておりました。

説教系ではないものの、やや説明過剰な部分と、ワンオペ中の店主がやたらフーフー言ってて心配なとことか、独特な雰囲気があるお店。まぁ、ラーメンはおいしいんだけどね。

まずは醤油ラーメンwith味玉。

トッピングは2種類の組み合わせから選択可能。
スープを汚さないよう、肉に火を通りすぎないよう、別盛りとなっています。
食べ方の説明も合理的で、シットリ柔らかなお肉など、パーツはそれぞれハイレベル。

どこか懐かしい、食べ飽きない系のラーメンです。
丁寧に作られているし、おいしいんだけど、満たされすぎない部分もありますね。

その辺がゲスな地元民に大ブレークしない理由なのかな。
近所のお店に通いつめた時代と違い、店主以外は一つ味を食べ続けるということはまずありませんからね。

こちらは新顔、曜日限定の豚骨らーめん。
麺はツルリとした太麺を選択しました。

家系っぽイメージらしいのですが、こちら流で作ってみたら全く違うもんが出来たって書いてありましたよ。

これはクッソ旨いです。

鶏白湯の豚バージョンて感じかな。
スープはトロリ、ポタージュのよう。溶けた骨のざらつきも感じるくらい徹底的に煮込んでありますね。でも、いわゆる豚骨ラーメンのそれとは違って豚臭みがまったくなくて、卵の黄身のような香ばしい風味にコッテリまろやか~なコク。

一匹のデブとしてこれは一滴も残せませんわ!
つか、ライスも頼んでおくべきだったよ!痛恨だよ!

やはり丁寧に調理されてるおいしいお店なのは間違いなさそうです。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました