若葉町の「クァーサイヤム 」でランチバイキング

交番の脇を入ったとこにあるタイ料理店。

以前は「パタナ」だったとこですね。
震災以降、ここらのタイ料理屋は看板がグルグル変わるのでよく分からんな。

例によって、みんな大好きオナカスイタさんから教えてもらいました。
ミサイル超獣さん、いつもありがとね!

この日は週末の昼下がり。
それほど派手に営業してるわけでもないし、中も薄暗いしで、一般的にはややハードルを感じる入店であります。

しかし、さすが赤ん坊がココナツの中から生まれるというハマの若葉町です。
そこそこ入ったお客さんの多くが日本人であるのは、ある意味立派と言えましょうね。

もちろん、向こうのお姉さん方も来るのだけど、ビニール袋にお料理ぶっこむ件のスタイルでのお持ち帰り利用が多いみたいですよ。

さて、バイキングは60分の時間制との表示ですが、これは測ってないんじゃなかろうか?そもそも、そんなに粘るほどの品数もないので、サクッ利用したいところです。

お料理はパッタイヤカレーなどが5種類くらいかな?
その他、チキンスープで炊いたご飯、サラダ、タピオカなど。

味付けはどれもやや濃い目に感じるかな。

バラエティという点では、もう一歩ほしくもありますが、
どれも一品だけで、ご飯がモリモリ進んじゃうお料理なので、充分でありましょう!

なかなか、よろしいバイキングであります。

私はビュッフェに来ると、なんか悪い気がして、お皿をたくさん使えない貧乏性なのですが、隣の孤独なグルメ風のリーマンは、サラダ皿、メイン皿、カレー椀、ご飯と綺麗に盛り分けていてさ、ああ、こんなところで育ちの差が出てしまうと思ったよ!! 

コメント

  1. 新しく入ったにーちゃんはバイキングだと申告すると最初に平皿2枚、深皿2枚持たせてくれます。
    時分もビンボー性なので一皿に盛ってしまうタチですけど。