日ノ出町の「ジェイズ・ストア」で牛ガパオご飯

マンションの1Fにあるタイ食品ストア。
最近は閉店続きであまり元気が無さそうなタイタウンの一角にあるお店。

来ましたか・・・
このお店の話題が・・・

さのやなぎさん、オススメありがとね!

いや、中で食事ができるのは知っていたんだよ。

でもね、ここってメッチャ入りづれぇんだわ!

この日もオッサンが何やら作業をしてるんだけどさ、
暑い時期なんか半裸のタイ人達が、店先で黙々と下ごしらえをしていたりして、
時折ギロリとした眼差しを向けてきたりするから、すげー異国感が漂ってるのだよ!

店内そんなに広くなくて、この辺にはありがちなアジア食材ショップの様相。
物販というより、むしろ夜のアジア蝶たちに届けるお弁当とかがメインみたいなんだ。
ビニール袋に直入れしたグリーンカレーとかも売ってるわけ。

厨房の中には数人のタイ母ちゃんが詰めてて、
忙しそうに調理品を積み上げてたわ。
あの様子なら、それなりの商い規模なんだろう。

3卓ほどテーブルが横並びになっていて、
窮屈ながらもイートインが可能。

この日は平日の昼下がり。
お水系の皆さんがチラホラ飯を食ってたな。

言葉が通じないという噂にビビってたんだけど、
この日はお客なのか店員なのか、優しげに対応してくれる姐がいて助かったわ。

特にランチなんかはなくって、
普通のメニューから選ぶ形みたい。

その辺のタイ料理店では見たことのないメニューもたくさんあって、
これならマニアックな筋も十分満足できそうな感じよ。

値段はほぼ横並びに統一されてて、リーズナブルだと思う。

料理の味や詳細は不明なんだが、一応、写真付きなのでなんとなくは分かるかも。

どれも気になるルックスなので、かなり迷ってたのだけど、
あまりの長考にお店の姐さんが不審がるので、とっさに馴染みのあるメニューにしてしまったのだ。

ガパオはちゃんと目玉焼きとご飯を付けてくれる。

素材も定番の鶏だけでなく、豚や牛、シーフードから選べ、これは牛肉。
牛のガパオは初めて食べたよ。

真っ黒な色でわかるように、
甘辛醤油オシのこってりしっかりとした味付け。

どちらかというと我々にも親しみやすい調味系統なんだけど、
ブツ切りになってる青唐辛子がビリビリと効いていて、
食欲が刺激されまくりなのだよ。

ご飯はタイ米。
ボリュームは十分!

っぽいわ!
現地っぽいと思うよ!

行ったこと無いけどさ!そういう匂いはビシバシ感じる!

とりあえず、一度入る事が出来れば、その後はハードルも低くなるしさ。
時間を選ばず入れるのも魅力だよね。

また寄って、いろいろ試してみたいな。

コメント

  1. おお、入られたんですね。
    前から食べログとかで情報知りつつ入ってみようみようと思ったまま尻込みしていました。
    鶏のガパオとあまりにもかけ離れたルックスがそそります。
    一念発起して入ってみるかなぁ。

  2. さのやなぎ より:

    昼は(も)呑み専門ですが、深夜、早朝の雰囲気&味をお試しあれ.
    交代制で深夜とは、料理人が違います.

    日中労働する習性の無いタイ人(特におネェちゃん)は夕方以降ここで朝食を取り
    夜の仕事に出かけます.

    だから、深夜早朝はさらに本場味を堪能しつつ、タイの美人姐と
    お友達になれる確率が高いです.

  3. 管理人 より:

    >ミサイル超獣さん
    絶対にお好みだと思いますよ。
    メニューも面白いし、ピンや下戸でも大丈夫そうなので、ぜひ突入ください。

  4. 管理人 より:

    >さのやなぎさん
    先輩・・・
    世の健全な男子は、深夜~早朝にディープなタイ料理屋で、
    お水のおねーちゃんにちょっかい出したりしないんですよ!!
    でも、ちょっと気になりますね。
    隣のテーブルでどんなもん食ってるかとか、見てみたいな!