スポンサーリンク

東神奈川の「プーサン」で林檎のキャラメリゼパンケーキ

駅前にある「横浜スイーツ&カフェ専門学校」

1階に実習用の店舗が併設されており、週に2回、お昼の時間に一般開放されております。

この日、たまたま通りがかったところ、店頭で客引きをしているカワイイ娘さん達が「ぜひ、どうぞ!!」って誘うからさ。

おそらく私のブヨブヨな体型を見て「あいつなら、食うぞ」って、値踏みされたんだと思うよ! ああ、食うともさ!!

こちらの専門学校には2つの専攻コースが設置されており、火曜日がパティシエ、私が寄った木曜日はカフェフードを勉強する生徒さん達が、それぞれ実習を行っているみたいです。

今回、久しぶりの訪問となりましたが、以前よりもメニュー等がさらに充実しており、料金がめちゃ安なこともあって、奥様や近隣勤務者などでかなり賑わっておりましたよ。

世間一般のお店でも同世代の子らが調理や接客の現場に入ることはなんら珍しいことではありませんが、こちらは実習店舗ということで、もうびっくりするくらい初々しい、というか、今後ほんとに大丈夫かと心配しちゃうほどの子も混じっているので、コドク(高齢独身)の私も保護者的なほっこり気分を味わえます。

ああ、私も入学してぇなぁ。女子生徒の作ったものをただ食べるだけの科ができねぇかなぁ。

パンケーキがインスタ映えです!

これが申し訳なくほどの低価格なんだから、本来は文句をつけようがないのです。

でも、あえて言わせてもらえば、もっとキャラメリゼをしてほしいし、パンケーキの林檎の存在感が薄いし、そもそも初夏に林檎メニューの謎。シナモンはむせるくらいかかってるし、バターが全く溶けないし、まわりに散らしたリンゴやナッツが小さくて食べづれぇ!

実際、お店ではこの3~4倍程度の価格で提供することを考えると、写真に映らない部分でまだまだ改善の余地ありだなって思ったりもします。まぁ、これはレシピを提供する先生のせいかもしれんけどね。

よりによってカフェで生計を立てようとするキャリアプランにもハラハラもしちゃうしさ、どうしても余計な親目線が振り払えないティータイムです。ぜひ、彼らのその後やその他も広く開けるような道筋をつけてあげてほしいなと願います。

たださ、みんな元気よく、笑顔で対応してくれるのがホント気持ちよくて、それだけでもお金をおいて帰りたくなる感じなのですよ。

夢溢るる無垢のエキスを吸いに来るキモい妖怪の気分だよ!!

コメント一覧

  1. あ~、ここ、ちらしを見たことがあります。
    その時は夕方で、営業していませんでした。

    >女子生徒の作ったものをただ食べるだけの科
    いいですね~あたしも入学したいです。
    今度、願書をもらいに行こうかな?

タイトルとURLをコピーしました