東神奈川の「東北飯店」でやわらかい焼きそば

スポンサーリンク

スケートリンクの向かいにあるお店。

上階が左な拠点というロケーションは、不老町のあの中華店を思い出しますな。

我が青春の店「萬里」の凋落がハンパないようで、近年は良い評判を聞きませんね。

メニュー等は旧来のままですし、野毛の景気も良いから、目立って客足が落ちている様子も見えませんけれど。厨房の世代交代だったのか、なにか大きな変革があったのだろうと推察しています。

「いやいや、元々が大したお店じゃねぇよ」と言われれば、まぁそれまでなんですけれど。よそ行きな中華街の味とはまた違った、横浜の大衆中華史におけるコッテコテな部分を担っていたり、ゲスな味の中にもあと引く魅力を感じるお店でしたよ。

我々はこの萬里ロスをどこで埋めれば良いのか。そういえば、こちらのコックさんは「萬里」出身だったと聞いたことがありました。 もしや、かつてのお味に再開できるかもしれんというほのかな期待を抱いての訪問です。

前はよく通るんだけどね。あんまり熱を感じない店頭だから、暖簾をくぐるきかっけがありませんでしたね。実際、スロー営業のようで、お昼すぎに先客無しという、ちょっとさみしいご様子。

白黒格子柄の床のせいか、店内はあんまり中華屋っぽくない雰囲気です。メニューはごくオーソドックスで、特別なオシや、それっぽい東北料理の気配もありませんでした。

個人的に「萬里」といえば、まずチャーメン 。

いわゆる ”やわらかいやきそば” なのであります。

横浜の大衆中華におけるチャーメンの存在は、サンマーメンやタンメン同様に特徴的なものの一つだと思うのです。しかし、気がつけば、食べれるお店がだいぶ少なくなってきましたし、新華僑の炒麺にも上書きされつつある状況です。

こちらのお店で “やわらかいやきそば” の表記を見つけて「やった!」と思ったのはつかの間。なんとソース味の焼きそばが出てきました。しかも、我が家でもおなじみマルちゃん風じゃないか!

餃子は大ぶりで、底面カリッと焼けています。

餡も割と真面目な仕上がり。ただ、これも「萬里」を感じさせる部分は見えませんね。

チャーハンはネギさえ顔を出さないシンプルなもの。

でも、悪くないのです。

たっぷり使った卵の風味にチャーシューフレークのほんのりな甘みがいい相性。もっちりしっとりとした仕上がりで、なかなかにおいしいチャーハンですよ。オススメ。

結論として、残念ながら「萬里」っぽさはどこにも見当たりませんでした。

コメント一覧

  1. 南区睦町に、龍宝というごく小さな街中華があります。
    地元の爺さん達の御用達の店だけど、かなり庶民的な美味い店です。
    一番人気はチャーメン。そして味がしっかりして濃いギョーザ。
    餡に変な甘みが一切ない天津丼。鉄板の美味さの野菜炒め。
    裏通りにひっそりあるカウンター7、8席の店だけど、仕事帰りに
    ホッピー片手に安く食べられる穴場です。
    ここのチャーメンは納得です。

    因みに、コロナのこのご時世、ラーメンなどの汁物以外は、すべて
    出来たてを持ち帰れます。

  2. >ヨスケさん
    チャーメン&ギョーザの素晴らしき情報。
    あそこ、そんなに旨いお店だったのか!
    さすがに入りづらいし、いつ潰れるか的に見てて、失敗したわ。

タイトルとURLをコピーしました