東戸塚の「きぶね」で冷やし浜うどん、冷やしうどんぜんざい

平戸の住宅地にある京風うどんのお店。

私、お気に入りの一店です。

普通のお蕎麦屋さんの体裁ですが、
ご主人が一人でマイペースに調理しているので、
ものが出てくるまでは、けっこう時間がかかります。

店内に先客が、とっくに食べ終わったサボリーマンしかいないような状態でも、
手元のウォーカームックを1周半くらい読めるほど。

でも、味はとても良いのよ。
特にシンプルな冷やかけうどんは絶品!

また創作メニューの開発にも熱心で、
品書きに変わったものが混じってて面白いんだ。

そんな訳で、最高のかけうどんをあえて我慢しつつの、
謎メニュー制覇を密かに目論んでいるのです。

今回の攻略対象は浜うどん。

何が”浜”なのか分からなかったのですが、
あえて聞かず、ドキドキを楽しみました。

暑かったので冷やしにしたのですが、
角煮だったのか!汁の表面に冷えた脂が散っています。

見た目沖縄そばっぽくもありますね。
うどんや汁は通常のもので、思ったほど冒険はしていません。

ポイントは角煮の味付けでしょうかね。
カッチリ煮付けた大和煮のような豚は甘味強めで、
ほのかな酸味もあって後切れが良いです。

しっかり脂も抜けて、なるほど、うどんの具として、
相性良好に仕上げられています。

豚が重くないので、もやし、紅しょうがよりも、
青ネギ、根生姜くらいで良さそうな気もします。

うどんは相変わらず旨いですね。

むしろ奇抜太鼓判なのは、今夏の新メニューの方。

なんと冷やしうどんぜんざいです。

もう悪い予感しかしませんが、
食ブロガーとして、ここを避けて通る訳にはいかないでしょう!!

大粒の小豆を上品に炊いたぜんざいは
トロンとしており、変にベタつかない良いお味。

その下にはたっぷりな・・・うどんですよ。
普通のぜんざい椀ですが、けっこうガチで入ってきます。

白玉があり、またへらへら団子のような例もあり、
一概に無謀とはいえないチャレンジ。

特にこちらのクニクニ官能的なおうどんは、
食感のアクセントとして、面白い効果を与えています。

ただ、口に残る風味はやっぱりおうどんのそれ。
やっぱ、前例の刷り込まれた米と、小麦の違いかもしれないけど、
頭の中で「これは違う」というような不協和も沸き上がってきちゃうよ!

決してまずくはないんだけね。
やっぱ”面白いな”の世界の住人だな。

もうちょっと量を減らしたり、
ゴマなり、柑橘なりの練り込めばまた違うかもね。

なお、岩手や埼玉、愛知などにも
うどん+あんこの郷土料理が存在してたみたい。

レクタン大