東戸塚の「乱切り蕎麦 浜寅」でこってり豚肉せいろ

駅前の品濃町交差点にあるお店。

ちょっと変わったお蕎麦を出すってことでブックマークしといたんだけど、そっか「浜虎」の支店だったんだね。

昼間はお蕎麦、夜はラーメンという二毛作営業をしているようなのです。

お店はマンションの一階に入っていて、クラフト感のある今風空間。
リーマン達が日々のランチで便利に使っているようですね。

お昼のメニューはもりそばとか、天ざるとか、思ったよりも奇をてらわない内容。
値段も普通のお蕎麦屋相応で、特段、気軽には感じませんね。

気になっていたのは豚肉せいろ。

いわゆる肉汁蕎麦の路線ですが、ラーメン方面からのアプローチでパンチのあるつけ汁になっていますね。
特徴的なのが焦がし玉ねぎの香味で、なるほど、普通のお蕎麦屋じゃ出てこないようなテイストです。

ただ、ちょいしょっぱいかな。
あくまでそばつゆの延長として、つけ麺ほどのボディ感を出してないし、豚肉が紙すぎて、味が出てない感じもあります。

何より、お蕎麦の風味が埋没してしまうとこでしょうかね。
それなりに抑えて、バランスを取っているのでしょうが、それでもつけ汁の強さに負けちゃう印象。

看板メニューの割に、あんまり頼まれてないなぁと思ったのですが、結局、シンプルなつけ汁で食ったほうがうまいということなのかもね。

乱切りということですが、お蕎麦は機械カットだよね。
2種類くらいの幅のものをちょい混ぜてる感じなのかな?食べて食感が面白いとかはありません。

ラーメン鉢に入ったお蕎麦はとんでもない量に見えますが、上げ底なので助かったよ。
ちなみにこれは並盛りですが、大盛りも無料で対応してくれますよ。