保土ケ谷の「保寿堂」でロールカステラ

スポンサーリンク

旧東海道にあるカステラ専門店。

健在でした。よかったーーー。

コロナ以降、買い物はもっぱら近所でしか動いてなかったので、山を超えてくるのも超久しぶりなのよ。

その間「保寿堂」が遂に閉店かという報もあり、やきもきしておったわけですが、やっとの再会が叶いました。

ただ、元々スリムなご高齢のお父さんがさらに細くなっちゃって、真面目な話、いつ食べられなくなってもおかしくはない甘味の文化遺産なのです。

みなさん、ぜひ、今のうちに味わっておいてくださいね!

壁の写真を見るに、相当歴史のあるお店だったんだな。包み紙には長崎カステラの文字もありますが、元々は瓦せんべい等を扱っており、なるほどなという背景です。

ロールカステラのハーフサイズ。

ギリギリ最後の一つだったのかも~

そうね、往時のものに比べると、やや締まったというか、小ぶりにも見えます。仕上がりも若干粉を感じるようでもあり、必ずしもベストな状態ではないようにも思えるの。

でも、旨いわ。

一般にカステラというとふわっと柔らかなものが思い浮かびますが、こちらのものは超ヘビーなのよ。

まずフォークを入れる際のずっしりとした手応え、もうこの時点で幸せなんですね。

おもむろに口に入れると、甘香ばしい風味。歯でもってねっちりな糖分の重みを感じながらいただくのです。

マヂ大好き。

まさに他店に代替えが見つからないような、独特の濃縮カステラなんですね。

やはり定期的に保寿堂に立ち寄る習慣をつけなくてはいけないな。

コメント一覧

  1. あぁ、健在でしたかこのお店。
    これはホント朗報。
    今のご時世、映えの無いお店には本当に厳しいみたいだからなぁ。

  2. >中さん
    お店だけでなく、食べる私も含めて、この先どのくらい楽しめるのかと考えちゃう。

  3. いつも楽しく拝読しています、こんにちは。
    区内住みなので何度も店の前を通って気になってはいるもののいつも見送っていましたがこの記事のおかげでやっと今日立ち寄ることができました、ありがとうございます。
    永く続くといいな…と少し切ない気持ちで有り難く頂きました

  4. >匿名さん
    おいしかった?
    間に合ってよかった。

タイトルとURLをコピーしました