本牧・麦田町の「悠楽」で餃子の皮のパリパリ揚げ

本牧通りにできた中華点心のお店。

チャリチャリしてて目に入っていたのだけど、あまりの暑さに持ち帰る自信がなく、涼しくなったこのタイミングでリベンジしてきました。

奥に工房があるのかな?売り場は小さなスペースです。
商品は中華菓子と点心とラーメン関連品という内容で、品数は多くありませんね。

自家製という麺にはなんと「永楽製麺所」の名前がついていますよ。
もしかしたら系譜に連なる方がやっているお店かもしれないわ。

また、マーライコーを含め、見覚えのある点心類は「菜香」のものでした。

あんまりお店らしさが伝わらないセレクションですみません。
とりあえず、うちで小松菜を茹でて、蝦雲呑麺を作りました。

地味に良かったのが、余った餃子の皮を揚げたスナック。
シナモンシュガー甘いのとしょっぱいのがあって、これは後者です。

まぁ粉と油と塩分で錬成された物がマズイはずもなく、動画観ながらバッリバリ食い尽くしてしまったわ。

しかし、どういったお客さんがどのような用途で利用するお店なのかはちょい見えづらいなぁ。少なくとも近所の人が日常使いするにハンパかもしれん。

点心類はデパート価格だし、種類も少ないし。
製麺推しということならば、ラーメン一種類の販売だけじゃ寂しいし。
チャーシュー、メンマなんかのパーツを合わせていくと、むしろ、近くのおいしいお店で食ったほうが楽ちんて結論に至りそう。

強いて挙げれば、製麺所で作った餃子の皮はスーパーのそれと比べるとダンチに旨くて、我が家でも永楽でよく買ってたなぁという覚えがあるので、その辺かなとは思います。

もちろん皮と皮揚げだけじゃ商売にならないから悩ましいとこだよな。

カスタムフィールド
レクタン大
レクタン大