山手駅の「ジェラテリア ポストフェリーチェ」でトロピカル

大和町商店街に出来たジェラート店。

都立大学にあるイタリアンの系列店みたいだよ。

こんな場所にも出来たアート拠点。

ダンススタジオやレンタルスペースの他に、
まさかアイス屋さんまで入ってくるとは思わなかったわ。

やたら拠点ばっか増える割に、
未だ発信できる芸術文化が乏しい横浜でありますが、
気取り無く楽しめる食分野であれば大歓迎であります。

お店は通りからはちょっと入ったところにあって、目立たないな。
それ以前にこの下町商店街で、こういう系統のお店がやっていけるのか、
いまいちビジョンが見えないような気もするよ!

ちなみに自由が丘にも支店があるらしいんだけど、
山手は主に製造拠点として使っていくみたいなことも書いてあったわ。

種類は8枠で、季節ごとに変わっていくみたい。
ピスタチオだけは別枠プレミアムという良くある設定です。

バナナとパッションフルーツなんかで作られたトロピカルと、
カスタードベースのクリームブリュレを相盛りに。

シンプルに素材そのものの味を出していくより、
ミックスしたり、手を入れたようなものが多い様子。
そのへんが料理人メイドのジェラートたる部分なのかも。

とりあえず、夜遅くまで営業してるみたいなので、
どっかで飲んだ締めとかに使えるのかな。

レクタン大

コメント

  1. より:

    大和町商店街でこの業態は厳しいでしょうね。なんにもない割りに賃料高いですし。

  2. 管理人 より:

    >☆さん
    多少、ローカライズした方がいいのかなと思いますね。