本牧・錦町の「パンチ」でダブルパンチ

マリンハイツに入ったナポリタン専門店。

今や見る影もない南欧風アーバンリゾート開発地の裏手。

コンテナ車や大きなトラックがビュンビュン行き交う大通りを一本隔てると、街の風景は港湾地区のそれにガラリと変わりますよね。我々、一般人はあんまり縁のない土地かな。

そんな本牧ふ頭の付け根にあるマリンハイツは港湾労働者向けの集合住宅です。昭和の建物らしく、通りに面した一階部分が店舗街になっており、場所柄、港で働く男達が行き帰りに立ち寄る飲食スポットが形成されました。

つっても、HanakoやOZには絶対載らないような、コッテコテの大衆食が軒を連ねる梁山泊なんだけどな!

その中に先だってオープンしたのが ”横浜ナポリタン” を掲げるこちらの専門店です。

店内はキッチンスペースを囲むコの字型カウンター。意外なことに、お店のスタッフは若いお姉さん二人だったのよ! それに釣られてか、時間外れにもかかわらず、表に車を停めたトラッカー達がパラパラと入ってきていました。

メニューはナポリタンとコーヒーのみ。そこに好みのトッピングを足していく形です。

どーんと到着しましたよ! イイね!

通常サイズの麺が225gのところ、倍の450gも同価格でご提供いただけるとのことで、即断のダブルですよ! さらにトッピング一番人気という厚切りベーコンを加えました。

どこらへんが横浜ナポリタンなのかは不明で、お味もナポリタン以外の何物でもありません。でも、大盛りにこってり味のマッシュポテトまでついて、食べごたえは十分ですね。飢えたデブでもしっかり腹が膨れましたので、これならば、ならびのラーメン店などとも遜色なく戦っていけるんじゃなかろうか。

欲を言えば、仕上がりにもうちょい潤いがほしいかも。スパ表面のデンプンでもって、モッタリとした印象になっていたので フライのトッピングに使う卓上ソースをふりかけて、一心地ついた感じでした。ケチャップソースはもうちょい多く、ほんのり焦がしたくらいが好みです。

また、どうしてもお味が単調になりがちなので、塩っ気のアクセント、香ばしさの加味という点で、いい感じに焼かれたベーコントッピングは優秀です。その他、お肉屋さんのコロッケというのも気になったな。

同じ炒め系スパということで、今後ジャポネ的醤油スパもラインナップされると更にいいよね。お姉さんも細腕で鍋を振るって大変そうだったけど、これからも頑張って欲しいお店です。