本牧・上野町の「三溪楼」でバンメン、山菜ご飯

本牧通り沿いある中華屋さん。

以前から、いつかは入ってみなきゃなぁと思ってた宿題店だ。

文化的には、なかなか渋いルックスではあるけど、
反面、お味は期待できなさそうな気もするじゃん?

両サイドに強力なラーメン店もあるし、ちょっと埋没しがちなんだよね。

そんなわけでズルズル先延ばしになってたのよ。

この日は平日のお昼すぎだったんだけど、お客は私一人だけ。
スローな昼食タイムになりました。

お店はピタピタな昭和食堂仕様。
コンクリート床にペラッとしたイス、テーブル。
ただ、しっかり掃除が行き届いているよ。

てっきり、よぼよぼの婆さんでも出てくるのかと思ったら、
対応してくれたのはその下の世代で、お料理は奥に別の作り手がいるみたい。

メニューは大衆中華のド定番ラインナップで、カレーや丼ものもあり。
値段は手頃だと思います。

バンメンは私の中で謎になっているメニュー。

いわゆる五目あんかけそばなんだけど、
なぜか、横浜の一部お店では、バンメンて言うんだよな?

こちらのお店のバンメンは旨いですよ!

ベースは醤油の風味の立ったあっさりスープ。

品の良いストレート麺を持ち上げると、
ナルトやかまぼこの入った甘いのあんかけが、
いい感じに絡んできてさ、グッドなバランスになるんだよ。

ペロンと乗ったチャーシューも、
中心部なんかほんのりピンク色に柔らかく焼けていて、旨~いじゃん。

おみそれしました。
こりゃ、決して侮れないお店だぞ!

そして、ご注目あれ!

このお店独特のサイドメニュー、山菜ご飯であります。
半チャーハンではありません。炊き込みご飯なんですよ!

通常、特定の麺類とのセットで供されているのですが、
単品注文もできるってことで、つけてもらったの。

まだ若かりし頃さ、通りからこの表示が見えた時、
山菜ご飯て!さすがに干からびすぎじゃねーかと、首を傾げたわけですが、

この歳になって・・・
あっさりな炊き込みご飯と煮物と漬物が、光輝いて見えるよ!!

いや、決して特別なもんではないのですが、ちゃんと自家製で、
お弁当みたいだし、なんかちょっと嬉しいわ。

最後に頃合いを測って熱いお茶を出してくれたり、口直しのサービスをいただいたり、
おばちゃんも優しくて、なかなか良いお店でした。

気に入っちゃった!

レクタン大

コメント

  1. より:

    ああついに三溪楼がw昔はここくらいしか食事できるところがなくてよく利用したものですが、足が遠のいてました。家から見えるんですけどね。

  2. 管理人 より:

    >☆さん
    ちょっ!山の手のセレブなの!?
    邪道ですが、こういうお店でかつ丼とかオムライス食べたいです。

  3. より:

    麓の下町ですよ!

  4. 管理人 より:

    >☆さん
    ”うるわしの”って読んじゃったよ。