本牧・上野町の「珈琲 松」で珈琲、自家製プリン

※お店が撮影禁止だったので、今回はサイレントにレポしますよ。

「三溪楼」と「酔亭」に挟まれた場所に、謎の珈琲店を見つけました。

見つけたといっても、
開店してから、すでに数年経つんだってよ。

いや、気が付かなかったわ・・・
今まで何度となく、通っていた道なのに・・・

つーか、どこぞの隠れ家バーのような外観だし、
看板等も控えめなので、全っ然、目立たないんだわ。

中の様子もメニューもわからない。
ただ珈琲屋さんだってのはわかる。

だって店名が「珈琲 松」だから!

とにかく気になって、早速、探検してみたんだよ。

重厚な扉をおそるおそる開くと、
中はアンティークに彩られた異空間。

単に古いもんを並べただけでなく、
しっかりとした美意識のもとに構成されていて、
まるで映画のセットみたい。カッコイイのよ。

こんなお店、よほどヒネたオッサンがやっているのかと思ったら、
店主は若い娘さんで、意外性もあり!

メニューは珈琲を中心にストイックに絞られている。
おつまみも自家製の生チョコとかがちょいちょいって感じ。

珈琲はブレンドせず、各産地のストレートを日替わり?で提供してるみたいよ。

ガッツリ深炒りで、飲みごたえのあるおいしい一杯だったわ。

銀皿に盛られた自家製プリンは、
しっかりとした食感で見た目も良し。

週末とかの不定期営業らしいのだけど、
個性的でなかなかイイお店だと思うな。

本牧っ子にはおなじみなんだろうか??

カスタムフィールド

参考URL: なし

オススメ: ★★★

レクタン大
レクタン大