本牧町の「幸楽」でローメン、焼売

本牧の住宅地にある中華屋さん。

自転車でちょろちょろしてる時に見かけて、気になってたお店。

ぱっと見はごく普通の町中華の体裁だよね。

でも、さり気なく、中華粥の案内が出てたりして、
ほんのり本場の香りを漂わせているような気もしたんだよ。

店内はだいぶ使い込んだ感じで席数も少なめ。

汗を拭きながらカウンターに座ると、
優しそうお母さんが熱いお茶と冷水のダブルサービスよ!

メニューは麺飯中心のオーソドックスなものだけど、
若干お料理が多いかなという印象。

本日のランチが焼売ライスでさ!
それが目に突き刺さってしまって、別注してしまったわ。

グリーンピースがぽちょんと乗っかった、気さくさ漂う仕上がりで、
やや蒸し時間を焦った感じでもあったんだけど、
ギュッとしたもので、決して悪くないわ。

壁メニューに撈麺を発見!
チャーシューとネギのオイスターソース和え麺。
これも巷の中華屋さんにはありそでなさそな一品だよね。

家で作るときは、茹でた麺をタレに絡めるだけだけど、
チャーシューやネギに焦げ目もあるし、こちらのはザっと炒め絡めたものかも。

適度に歯ごたえのある細麺にややゲテな調味も丁度良し。

小ぶりの丼なのでお食事にはちょいと足りないけど、
酒のつまみや〆には良さそうだよ。