【閉店】磯子の「小島家」でから揚げ定食

スポンサーリンク

ハママーケットの入口にあるうなぎ屋さん。

誠に残念なことに、2019年9月28日で閉店されました。

個人店の経営が厳しい昨今であります。

記事にしたお店の営業情報を更新しておると、閉店がビックリするくらい多いことに気がつきます。私が一番初めに作ったHPなぞ、掲載した飲食店の大部分が、すでに営業していない状況なのです。

そんなにかよ?って疑いますよね。街の風景に特別大きな変化が起こっているようには見えませんから。しかし、ここ10年ほどの短いスパンでも、身の回りの飲食環境はじわじわと確実に変わってきているのです。

食サイトを運営しているため、お店の開閉店を教えていただくことも多々あります。でも、閉店が決まったお店については、食べに行っても記事にしないようにしています。

読者の皆さんが利用できなくなるのでは意味が無いかなと思うのよ。それに、閉店間際は黙っていても混雑するのが常だから、お店へ余計な負担をかけたくないしさ。なにより、お店の歴史やこれまでの思い出を総括する記事を書く資格が、私には無いと考えるからです。

最後くらいは、店頭に貼られた告知が届く範囲にいる人、日々お店を愛し、支えてきた常連さん達を中心に送り出してあげたいなと思うのです。

そんなことを言いつつも、やっぱり食べたくなっちゃった!

磯子で、いやいや、横浜で一番の唐揚げ定食です!!

おそらく告知後は連日行列ができていたんじゃないかな。お食事や持ち帰りの対応で、厨房もてんてこ舞いの中、奥さん達が一生懸命、気持ちの良い対応をしてくれました。

たっぷり盛られたカリッじゅわのから揚げ。ホカホカの美味しいご飯に豪華な漬物盛り。

うなぎが食べられなかったり、いくつかの変化についてはご苦労の跡も見えた気もしますが、最後までサービス満点の食事でありましたよ。

惜しい、実に惜しい…

ローカルの範囲を飛び越えて、みんな大好きな「小島家」だから、お客が来ないことが原因ではないと思うのです。

ただ、下町の良心経営は、すなわち割の合わない仕事に支えれれている場合も多いしね。毎回、満腹になりながら、申し訳なく感じることもありました。

家族が大回転しながらの運営の場合、誰が欠けても成り立ちません。高齢化や後継ぎの問題もありましょう。昨今はシラスウナギも漁れなくなって、鰻屋さんはどこも大変ですし、 こればかりはアベシネッと叫びたくなる消費増税まで重なりました。

我々の口から「残念だ」という言葉は軽く出てきますが、六十余年の歴史を背負うお店にとっては、非常に重い選択だったんだろうな想像します。

いつの日か、もう一度、という希望が見つかればいいんだけどな。

小島家ありがとう! ごちそうさまでした。

コメント一覧

  1. 店主が病気で鰻が焼けなくなり、鰻の価格高騰もあって閉店したと言う話です。

  2. 消費税アップに伴うレジ導入や軽減税率対応を考えると、元々懸念があるお身体に無理させてまでというのがあるのかもしれません。

    都内も9月までというのが、結構あります。

  3. 「消費税増税の影響も!? 令和元年9月末で閉店する店舗リスト | アラームボックス Blog」: https://alarmbox.jp/blog/?p=3645

  4. 小島屋さん閉店されたのはとても残念です。
    火事で焼けても心機一転を開業されて一安心だったのに…
    閉店1週間前に通ったときは張り紙がなかったけど普段より人がいっぱいいたのは閉店が決まってて常連さんや近所の方々が食べに来ていたのかもしれません。ちょっと我慢して並んででも食べておけばと後悔しております。
    カラアゲ専門店でもいいので復活してほしいです。

    食べたいよ~

  5. 閉店のニュースにしばらく放心・・・。
    そりゃ、食事ってなると半年に一度くらいしか行きませんでしたが。
    「夕飯のおかずもう一品欲しいから小島屋さんから焼き鳥買ってくるか」とちょいちょい買い物はしてたんですよねぇ。

  6. >moudaさん
    奥さんもお加減が悪いみたいだし、辛い状況でしたね。

  7. >ぴーさんさん
    増税分は消費者が負担するものではありますが、
    しんどいお店の岐路を決断させる経機になっていたのは間違いないのかもしれません。
    たかが2%されど2%です。これまで踏ん張ってきた分をちょいと転嫁させると、慄くほどに値段が変わって見えるとこもありますね。
    テイクアウトもやってるとこは、ことさら負担になったでしょうし。

  8. >とらがりさん
    決まったのは9月に入ってからということなので、告知が広く行き渡る余裕はなかったかもしれませんね。

  9. >てっつんさん
    ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらずというやつですな。

タイトルとURLをコピーしました