根岸の「キッチン まつ」で豚生姜焼き定食

大通り沿いにある洋食キッチン。

ここも長らく気になってたお店なんだよね。

この日は買い物帰りに通りがかると、
中にいた婆さんとビシバシ目があってしまったのだ。

ちょうどお昼時でお腹も空いてたし、
これも何かの啓示だろうということで、遂に入店を果たしたわけ。

お店は細長いカウンター形式で、
しっかり使い込んだ昭和大衆店の趣。
清掃状況は良く、不潔な感じは全く無いよ。

一見の怪しげなデブにも婆さんの対応は気さくで優しげ。

メニューは洋食がメインなのかな。
品数は多くなく、定番料理が並んでいる感じ。

価格は総じて安価なんだけど、
日替わりでさらにお得な定食もあるらしく、
その中から生姜焼きを選択したよ。

このまま婆さんが作るのかと思ったら、
後からやっぱ優しげな爺さんがやってきて、鍋をふるってくれたぞ。

まず、このお漬物を見て欲しい!

タクワンとかキューちゃんとか、そういうやっつけじゃなくて、自家製ぬか漬けの合盛りじゃん。
底の方には切り昆布と大根の酸っぱい浅漬が忍ばせてあったり、いちいち気が効いているの。

どこぞの熟柿の臭い相手になら、これだけで十分金が取れる。

メインの生姜焼きも良い感じに仕上がってるな。
シンプルな味付けで、お肉も柔らかく焼けている。

ご飯やお味噌汁もオイシイし、満足なお昼になったわ。

正直、もっと枯れまくったお店かと思ってた。
でも、ご高齢が頑張ってるからうんぬん、という感想になるだろうと。

いやいや、全然、現役でいいでしょう!
お値段も安いし、調理も丁寧だし、ジジババも暖かい対応だし、アリだと思うな。

私は好きっす。

レクタン大