磯子の「磯子風月堂」でゆきふね

横須賀街道沿いのお菓子屋さん。

小奇麗に改装されてるけど、けっこう古いお店なんだよね。

車は多いけど、人通りは少ない大通りに面した場所。
むしろ地区や学校、官公庁とかの注文品も多いんじゃないかな?

栗っ子とか港の丘とか、店内のお菓子に見知ったもんが多くあったよ。
へぇ、ここで作ってたのかと、あらためて。

和菓子だけでなく、焼き菓子などの洋菓子もラインナップ。

決まりきった定番品だけじゃなくて、
創作系の新商品もいろいろ列んでるから面白いよ。

上手く世代交代されたのかな?

半冷凍のごまだれ団子や生どらなど、
和菓子はどちらかという今風のポップなものが多い中、
創業当時からのお菓子というゆきふねは、かえって新鮮に見える。

あっさりな白あんを糖がけされた薄皮で包んだ渋いもんで。
胡麻の風味がアクセントになってるんだね。

求肥入りのことら焼きは、
皮っぽさの残るつぶあんにほのかにニッキ風味な焼き皮。

栗と白あんをチョコがけした栗チョコボールなんてのもあったわ。

どれも面白いけど、これといったお菓子を挙げられなんだ。
もうちょっと品を減らして、質を高める方向に集中してもいいのかなとは思ったよ。

レクタン大