中山の「グリューネベルク」でタルトタタン

スポンサーリンク

中山とうきゅうの裏手にある洋菓子工房。

駅チカとはいえ、決して人通りのある場所では無いんですよ。

それでも、お客さんが次々入ってくる人気店なのです。

実際、ケースに並ぶお菓子はどれもおいしそうなので、気を抜くとあっという間に売り切れてしまうから要注意です。

前回、さっきまで売ってたのにぃ的悔し涙を流して、私も学習いたしました。大人になりました。

駅を降りたら、真っ先にこちらで取置きの手配をして、その後に用事や食事に向かう策!

いや、有能すぎてヤバいね。世が世なら、六韜に載っちゃったかもしれんわ。

ドイツ系のお店だし、タルトタタンは外せませんな。

この煮詰まった林檎が分厚く堆積したる様よ。

ガッツリとした甘味と酸味のある食べごたえ満点なケーキでした。

もひとつ定番のザッハトルテ。

このお菓子はソフトに焼かれた生地そのものよか、コーティングされた砂糖シャリ感のあるチョコのほうが主役に思えるよな。

添えられる生クリームもおいしいのでたっぷりつけちゃいましょうね。

クルミのケーキ。

お酒染みた、しっとり優しい口当たり生地にくるみの風味。

姿も味もピッと整ったバランスが、こちらのお菓子の特徴です。

シュークリームやプリンのようなカスタード系もおいしいの。

いやぁ、間違いのないお菓子屋さんだな!

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました