ラーメン博物館の「無垢 ツヴァイテ」で無垢ラーメン

スポンサーリンク

ラー博に入ったドイツ・ハンブルグにあるラーメン店。

海外のお店をご当地ラーメンとして招聘する話を聞いて、
さすがに無理筋だろうという気もしていたんだよな。

正直、海外のラーメンには、
寿司や和食と同様パチもんのイメージしかなかったので、
他の名店を差し置いて、あえて選ぶお客さんがいるのかなと。

どっこい、かなりの人気なんだそうです。
この日も客の入りはダントツでしたわ。

せっかくだからと、ここでしか食べられないものを選ぶ際、
遠ければ遠いほど価値を放つという法則みたい。

策が見事に当たったってことなんだろうね。

これは以前、試食会でいただいたツヴィテラーメン。

ザワークラウトやベーコン、塩漬け豚脂を使って、
ドイツらしさを演出した進出記念の一杯です。

非常に真面目なまろやかスープで
麺の食感も面白く、おいしくはあったんだけど、

煮だした具の存在感が薄まっているのと、
塩分の不足が気になって、いまいち締りのない食後感だったのよ。

これが一時的な調整ミスなのか、
デフォなドイツ人好みなのか気になって、
今回、食べ直しに再訪してみた次第なのです。

今回は現地で出しているという無垢ラーメンをいただきました。

特に意識したわけではないけど、
現地の食材で工夫して作ったら家系に似てしまったという話でした。

確かにパッと食べるとそんなお味なのですが、
家系よりももっと綺麗な仕上がりです。

まろやかで下卑たところがなく、
おろしニンニクとかをおいそれ入れらない系。

むしろ、豚の味付けなんかも含め、
ほんのり甘味が見えるところが個性かと。
こういう甘辛を嫌いな日本人はいないしな!

麺の歯ごたえもやはり面白く、
値段はやや高いですが、十二分においしい一杯でしたよ。

ラー博に遊びに来て、店選びを苦悩する際、
後悔しない選択肢の一つだと思います。

塩分に関しては逆に強めで、
やっぱ一時的なものだったみたいだな。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました