戸塚の「喜楽堂」で草大福、柿の種

スポンサーリンク

区役所通りの一本裏にある和菓子屋さん。

まめさんからオススメもらっていたので寄ってみたよ!
ここにお菓子やさんがあったとは気がつかなかった!

お店は昭和な町の和菓子屋さんて感じ。
奥に声をかけるとハリセンボンの太い方に似た奥さんが出てきたぜ。
角野卓造じゃねーよ!(失礼)

お菓子は雅な上生菓子ってラインアップではなく、
素朴な饅頭、大福、お団子などの大衆系。
見た目からして、どことなく渋さが漂っている。

とりあえず、ちょこちょこ買ってみたよ。

どれも非常に素朴、垢抜けないけど真面目。
特に曜日限定という草大福の皮のサックリ具合や香りが良かったな。
あんこも素朴で、食べ飽きない感じ。

うん、おいしいよ。

なにやらFM横浜のページでオシていた柿の種も、
さすがにここでは作っていないんだろうけど、
しっかりとしたお味で食感も良くおいしかったわ。

「本日中に食べてください」と念押しされたので、
いろいろ添加してないんだろうな。

華やかさはないけど、まっとうなお店だと思うよ。

コメント一覧

  1. 来てくれたんですねぇ~♪

    作り置きをしないから陳列が少ないらしく、声をかければ出来立てが食べられるんです。
    確かにいまどき珍しい‘真面目’な和菓子屋さんかも。

    「でもこんなに食べたら太っちゃうなぁ・・」の私のつぶやきに、「私が太ったのは餡子のせいじゃありません」と返してくれた奥さんに座布団を差し上げたい。

    ・・ハリセンボンね。(笑)

  2. >まめさん
    ありがとう!!
    実直なお店ですね。
    商品に自信アリって感じでした。
    奥さんは何で太ったんだろうか・・・

  3. はじめまして!
    喜楽堂を検索して、ここに辿り着きました♪
    私はここの和菓子がとても大好きです。
    草大福は本当に絶品ですよね。
    他のところのは食べれません。
    最近は茶まんじゅうに凝っています。
    よくある温泉地の薄皮まんじゅうはなんかバランスが悪く甘ったるく・・・
    ここのは皮の適度な厚みとアンのバランスが絶妙です。

  4. >morizoさん
    観光寺の近くにでもあれば別ですが、
    こういうお店が真面目に頑張っていられるのも、
    地場の常連さんの支えがあってこそですね。

  5. 一般的な一生餅は1.4KGに対して、
    喜楽堂さんのは2.4KGとBIGサイズでした。
    赤ちゃんが背負えるわけがない!
    でも、おいしいお餅なので、
    夏場でもパクパク食べちゃいました。

  6. >ぽつかさん
    一升じゃなきゃ、語呂合わせになんないじゃん!
    より器の大きな子どもに育ってくれという意味なのかしら??

タイトルとURLをコピーしました