戸塚の「秀山庵」で豆大福

サクラスの裏手にある和菓子屋さん。

あんころりんさんとこで初めて知ったお店です。

戸塚はそこそこ通った街なので、
だいぶ知った気になっていましたが、
いやいや、まだまだ甘かったようです。和菓子だけに。

お店はルートワン商店街の日陰にあって、
あんまり目立たないロケーション。

何も知らずに通りがかって、
電気もついてないこの店内を覗く気になるかどうか・・・

きっと万事承知のご近所さん相手の商売なのでしょう。
そして、ご近所さんは実に幸せだと思います。

実際にお菓子ケースを見てみると、
どれもこれも美味しそうで、なかなか選びきれず、
すっかり不審者の挙動になってしまいましたよ!

一口サイズのミニどら3種。この幸福感!

分量的には餡が圧倒的なんですが、
薄皮が甘香ばしく主張して、負けてませんよ。

お店の看板にはワンマン最中の「吉田屋支店」とあり、
元々は暖簾分けなんでしょうね。

ただ、お菓子はだいぶ違うんじゃないかと思います。

こっちのどら焼きはアンズジャムが合わせてあります。

カステラロール的な甘酸っぱい風味で、
全く違和感がないどころか、白あんと調和して
食べごたえをブーストしていますよ。

大福は豆、草、胡桃の3つを買いましたが、
そもそもお餅がムッチリ美味しいです。ちゃんとしています。

また、餅の厚みやアンコの具合がそれぞれ異なっており、
それぞれがバラエティ豊かに楽しめるじゃない!

萩の舞ははザ・小倉といった感じの蒸し羊羹。

お豆っぽさの裏側として若干のエグみも感じますが、
甘み抑え目で、ガッツリ厚切りにして食べられますよ。

まぁ、私なぞが四の五の言わずとも、
お菓子の姿でわかるんじゃないでしょうか。

まさに隠れた名店!
私も戸塚に来る度、通いたいと思います。