戸塚の「アンダンテ」でピカタライス

東海道の裏手に隠れた洋食店。

店頭の落ち着いた雰囲気とは裏腹に、中に入るとほぼ満席の盛況ぶりです。

駅からはちょっと遠いのですよ。
商店街からも外れた場所なので、我々は何かのついでではなく、このアンダンテを目指してはるばる歩いてくるのです。

かつては近くに区役所もあったし、日立からの帰り道であるわけですが、戸塚宿の知る人ぞ知るローカル店だったこちら。ネット以降はだいぶ知名度が上がってきたのかもしれませんね。

基本は気さくな街の洋食屋さんなのです。
でも、神戸にルーツを持つというお料理は、オーソドックスに見えて、どこか、レトロというか風合いの異なる部分があって面白いの。

名物はピカタライス。
私はこのお店でしか見たことが無いのですが、神戸にはあるのかな?

洋風目玉焼き丼といいましょうか。
白飯の上に薄焼きの玉子を乗せ、クッタクタに煮たたまねぎ、キャベツ、セロリの入った醤油ソースをぶっかけたもの。

黄身を潰して焼いた1個分の玉子の油感と、セロリ風味の甘辛いソース。

決して高級ではない、というかむしろ貧乏くさい!
まかないというか、どことなく戦後の匂いすら感じるこの食べ物を、旨いと思ってしまう自分が物悲しいぜ。

でも、面白いので、ぜひ、お試しあれ。