戸塚の「すごくおいしいまぜそばができたのでぜひともあなたに食べてほしい 」で焼肉重

スポンサーリンク

区役所の裏手に出来た「立川マシマシ」の系列店。

横浜出店を待っておりましたよ!

二郎を嗜まない私的には、マシライスのお店ということで印象に残っておりましたマシマシです。

ゲスな南幸や伊勢佐木町あたりにひょこっと出てくれねぇかなと期待しておりましたところ、この度、戸塚という郊外の地へ不意打ちをくらいました。

このノリはもはや古くなってんじゃねーかという無駄長い店名にもある通り、こちらでは汁そばは提供せず、新作のまぜそばをメインにしたお店になるようですね。

店内は「つくも」時代を一新してこざっぱりとなりました。待ち客用の椅子なんかも設えてありますが、このまま二郎インスパイアを出さないならば、そこまで埋まることは無いのかなとも感じます。

”ぜひともあなたに食べてほしい” という、まぜそばについては全く興味がなく、マシライスが食べたくて足を運んだのですけれど、食券機の前で突如きまぐれに襲われ、宿題にしていた焼肉重の方からやっつけることに決めました。

ベロンベロンにスライスされた豚バラ肉は食べごたえある厚みにカットされ、とっつきやすい甘辛味に焼かれております。卵黄が初手から流れてルックス的には若干惜しくもありますし、特段珍しい味付けでもありませんが、これはフツーに受け入れられるもの。

問題は肉とご飯の間に安いタルタルがベットリ敷き詰められられているとこよ! タルタルの酸味がまさかのさっぱり役として、豚の脂と拮抗するよう期待をされているのでしょうか。

デブは基本マヨラーですから、ひとくち、ふたくちは「わぁジャンキー」なんつって、喜んで食べてたのですけれど、その後、またたく間に飽きる! とにかく重っ苦しくて、クドくて、心底難儀しましたよ。

これは好き好きというか、嫌い嫌いなんじゃねーかと。せめて、メニュー写真のように小脇に絞って、自分で調整できればよかったのになぁと感じました。

付属はお湯っぽいスープですが、口内を洗える感じで、逆に助かりました。

コメント一覧

  1. まさかの★0

  2. >匿名さん
    最後まで食べられなかったので。
    デブ的には大事件なのよ。

タイトルとURLをコピーしました