馬車道の「宵山 むらさき 」で名物・あなご重

尾上町のビルに入るお寿司屋さん。

ランチの穴子重がおいしそうで、気になっていました。

夜のお店が多く入るビルらしく、ちょっととっつきにくい体裁です。

勇気を出して、こんちわ~っと入っていくじゃない。
そんでもって、眼の前にいる主人から何のレスポンスももらえない不安感!
その瞬間で、お店のイメージが決まってしまうよな。どんなにご飯がおいしくてもさ。

ご機嫌斜めなのか、やや強面に感じるご主人と若い衆です。

ランチメニューはお決まりでお重かひつまぶしかの2択。

まずは挨拶代わりのミニ茶碗蒸し。

添えられた塗りの木さじがクソ食べづらいのですが、
アッツアツで、とてもおいしいです。

こんがりテリテリなあなご重。

ふんわり柔らかくて、これもおいしいですね。
ちょこっと山椒をふると絶妙です。

さらに、ちょっと残しておくと、だし茶漬けにしてくれるのです!

たっぷりのわさびでまた違ったキレの良い味わいが楽しめます。

漬物もおいしいし、ランチは大満足な内容です。